サービス開始前で実測2Mbps、1980円でLTE使い放題の「b-mobile SIM 高速定額」の実力が明らかに



先日「LTEが1980円で転送量無制限、しかも3日間で1GB制限も無し」という夢のようなプランを日本通信が打ち出しましたが、実効速度が明らかになりました。詳細は以下から。

日本通信公式Twitterによると、先日発表された「b-mobile SIM 高速定額」の規格上の最大通信速度は下り最大150Mbpsだそうです。これは回線を提供しているNTTドコモの通信速度と同じ数字ですが、時間帯や環境、同時利用する人数によって実効速度が異なるため、あえて最大速度の表記を行わないようにしているとのこと。


そして12月12日(金)のサービス開始を前にした12月9日(火)15時13分時点、つまり「誰一人他に同じサービスを使っている人間がおらず、朝夕のラッシュ時の電車などの中でも無い」という状態での通信速度は2Mbps前後とされています。


日本通信は昼間人口の多いオフィス街・虎ノ門に本社があるため、昼間の時間は通信速度が控えめになる……という考え方もできますが、2Mbpsという数字をどう捉えるかは悩ましいところ。

LTEは通信速度だけでなく、体感速度に大きく影響するレスポンスも3Gより速いことを考えると、動画などをメインに用いないユーザーにとっては十分な選択肢たり得るのかもしれません。

・関連記事
月額1980円でLTE使い放題、格安MVNO「b-mobile SIM 高速定額」登場 | BUZZAP!(バザップ!)

スマホのデータ通信量が半分になる神アプリ「Opera Max」が日本で正式に提供開始 | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホさらに進化へ、1万円台・フルHD液晶搭載が当たり前に | BUZZAP!(バザップ!)

『問い合わせは直接MVNOの窓口へ』、ドコモがMVNO利用者向けに注意喚起 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング