SIMフリー版iPhone 6が円安で再値上げか、公式ストアが謎の「ご利用いただけません」状態に



SIMフリー版iPhone 6が再値上げされる気配が濃厚になってきました。

2014年12月10日12:00時点のApple Store。iPhone 6/6 Plus販売ページではSIMフリー版の情報が掲載されていますが……

iPhone 6 と 6 Plus - Apple Store(日本)


iPhone 6の各モデルについて、「現在ご利用いただけません」という表示が行われています。


もちろんiPhone 6 Plusも同様。なお、iPhone 5sについてはSIMフリー版を購入できます。


クリスマスシーズンにもかかわらず「現在ご利用いただけません」というのはなかなか不思議なことですが、やはり背景にあると思わざるを得ないのが急激に進む円安。8月あたりまでは1ドル100円強だったのが11月には110円を突破、12月にはほぼ120円に到達する動きとなっています。

なお、Appleは11月に1ドル110円に達した際にSIMフリー版iPhone各モデルを値上げ。大容量モデルに至っては値上げ幅が1万円以上となっており、iPhone 6 Plusの128GBモデルにいたっては11万円を超えていましたが、今度はいくらになるのでしょうか。

・関連記事
iPhone 6やiPhone 5sのSIMフリー版が大幅値上がり、ついに円安が直撃 | BUZZAP!(バザップ!)

生命線となる技術も流出、Appleを訴えた日本の部品メーカーはどれだけ悲惨な状況に立たされているのか | BUZZAP!(バザップ!)

Appleが「4インチiPhone」を復活か、片手操作や女性ユーザーを意識 | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungがiPhoneへの部品供給を増加、Appleと再び提携強化か | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneやGALAXYの製造原価を部品ごとに一目でチェックできるグラフ | BUZZAP!(バザップ!)

FoxconnがApple専用の液晶工場建造へ、新型iPhoneやiPadに採用か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング