【悲報】DJ機器で世界中にファンを持つVestaxが破産

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日からPioneerやTechnicsなどDJ機器のメーカーを巡る激動の動きが報じられていますが、今度はVestaxが破産です。

帝国データバンクによると、「Vestax」のブランド名でDJミキサーやターンテーブルなどのDJ機器を製造販売していたベスタクス株式会社が12月5日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けました。負債は約9億円の見込みですが、変動している可能性もあるとのこと。

Vestaxは1977年11月に(株)椎野楽器設計事務所の商号でプロ洋楽器の設計販売を目的として設立され、87年に現在の称号に変更。「Vestax」ブランド名でDJミキサーやターンテーブルを主力に事業を展開し、海外での受賞歴もあります。

TechnicsやPioneerなどと共に国内外のクラブシーンで高い評価を得ており、世界に誇る日本のDJ機器メーカーのひとつとして知られていました。

しかし景気減速に伴い需要が減少していた他、中国製などの安価な製品との競合で苦戦を強いられ、その後の円高に寄る輸出の不振、東日本大震災意向の娯楽市場の停滞などで2012年3月期の年売上高は約10億5700万円にまでダウン。音響機器市場の低迷や構造変化に寄る競合も激化し、売上が更に減少し、今年8月末までに事業を停止していました。

大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]

Technics、Pioneerと共にクラブシーンに関わる人はどこかで触れたことのある機材のはず。なんらかの形での「Vestax」ブランドの存続が望まれますが、どうなっていくのでしょうか。

・関連記事
「Technics(テクニクス)」が復活へ、ただしターンテーブル再発は未定 BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】Pioneerが世界シェア7割を誇るDJ機器事業を売却へ BUZZAP!(バザップ!)

【関西アナログレコード特集】7 20に行われた「京都レコード祭り」が鬼気迫る大盛況に BUZZAP!(バザップ!)

法改正のその先へ、クラブとクラブカルチャーを守る会の「風営法改正の現況に関する報告会」で報告されたこと BUZZAP!(バザップ!)

アニメとクラブの高次結合、東京ジョイポリスで開催された「リアニポリス」に行ってきました BUZZAP!(バザップ!)

高円寺アンダーグラウンドで平日夜に繰り広げられている「高円寺DJ練習会&交流会」とは? BUZZAP!(バザップ!)

風営法の枠を超えて未来のクラブの姿を考え、粋に遊ぶことを目指すアクション「PLAYCOOL」が本格始動 BUZZAP!(バザップ!)

100年以上昔に作られた世界最古のDJシステム BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加