ようやくKitKatが4割、AndroidとiOSの最新アップデート状況が明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



2010年に携帯各社が本格的なAndroidスマートフォンを発売してから、4年以上の月日が流れましたが、いつまで経ってもつきまとうのがOSアップデートの問題。

はたして今、最もメジャーなバージョンは一体何なのでしょうか。iOSのアップデート状況と対比してみると面白いかもしれません。

まずはAndroid OSのアップデート状況。2015年1月7日現在、Jelly BeanとKitKatが円グラフを二分しています。


詳細な割合を見ると、単一のバージョンとしては「KitKat(Android 4.4)」が39.1%でトップですが、「Jelly Bean(Android 4.1~4.3)」を合算すると46%に。


また、2011年にリリースされ、大きくレスポンスが向上した「Ice Cream Sandwich(Android 4.0)」以前の古いバージョンは15%未満。常に最新バージョンのOSが利用できるわけではないものの、Androidも「そこそこ使えるバージョン」が主流となっています。

なお、iOSのアップデート状況はこんな感じ。最新バージョンをコンスタントに利用できるiOSらしく、iOS 8のインストール割合は68%に達しています。


Dashboards | Android Developers

App Store Distribution - Support - Apple Developer

・関連記事
Android 5.0(Lollipop)アップデートが期待できるスマホまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモがAndroid 4.4(KitKat)アップデート予定公開、「Xperia A」がまさかの見送り | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI(au)もAndroid 4.4(KitKat)アップデート予定公開、ARROWS・AQUOS・DIGNOはこぞって見送り | BUZZAP!(バザップ!)

HuaweiがWindows Phone撤退、「誰一人利益を得ていない」と辛辣すぎるコメントも | BUZZAP!(バザップ!)

かつて「iPhone超え」を期待されたWindows Phone、今後の見通しがどんどん下方修正される | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーやHTCがスマホ市場で浮上するチャンスはありません | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加