なにこれちょっと怖い、映画「ジョーズ」がテーマのベビーベッド

このエントリーをはてなブックマークに追加



大切な赤ちゃんが食べられちゃいそうなベビーベッドです。詳細は以下から。

ちょっとグロいおもちゃのメーカーToxic Teddiesに所属するデザイナーのJoseph Reginellaさんが生まれたばかりの甥っ子のために作ってしまったベビーベッド。もちろんただのベッドではありませんでした。なんとあの巨大サメが人々を恐怖のどん底に叩き落すホラー映画「ジョーズ」がテーマになっています。それがこれ。



このベビーベッドのデザインの元となったのはBob Houghさんのドローイング。サメとボートと海が見事に表現されています。


この甥っ子が大きくなったら猫のお家にもよさそうです。


成長したこの甥っ子がこの時の写真を見た時にどんなツッコミをするのか今から楽しみですね。

Uncle Makes ‘Jaws’-Themed Crib for Infant Nephew That Makes It Look Like He Is on a Boat & Being Attacked by a Shark

ジョーズ [Blu-ray]
ジョーズ [Blu-ray]
posted with amazlet at 15.01.08
ジェネオン・ユニバーサル (2013-06-26)
売り上げランキング: 2,250

・関連記事
6年半自画撮りを続けた少女が、やがて大人の女性に変わるまでを記録したタイムラプスムービー BUZZAP!(バザップ!)

どこまでも追いかけてくる!?始めて自分の影を見た赤ちゃんたちの反応を集めた動画がすごい BUZZAP!(バザップ!)

腕が痺れずに寄り添って眠れるマットレスがついに製品化へ BUZZAP!(バザップ!)

現実とは思えないほど奇妙で美しい、純白の宇宙生物のような深海魚 BUZZAP!(バザップ!)

熊に襲われた男たちが死の直前に撮影した動画に映っていたものとは? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加