Zenfone 2の価格判明か、4GB RAM搭載の最上位モデルが2万円台に

このエントリーをはてなブックマークに追加



MVNO市場を沸かせたASUSの格安スマホ第2弾「Zenfone 2」の価格とされる情報が流出しました。詳細は以下から。

これがZenfone 2の価格に関するツイート。Zenfone 2はプロセッサのクロック数、RAMの容量、ROMの容量ごとに2機種・24モデルが展開されるとのこと。


まずは5.5インチHD(1280×720)液晶採用のエントリー~ミドルレンジモデル「ZE550ML」。IntelのAtom Z3530(1.33GHz)採用のエントリー機は129ドル(約1万5500円)からRAM、ROMの容量別で6機種展開。ミドルレンジはAtom Z3560(1.83GHz)採用で、149ドル(約1万8900円)から6機種展開となります。


そして5.5インチフルHD(1920×1080)液晶採用のハイエンドモデル「ZE551ML」はAtom Z3560(1.83GHz)、2GB RAM採用モデルが199ドル(約2万3900円)から。最も高性能なAtom Z3590(2.33GHz)、4GB RAM採用モデルも249ドル(約2万9900円)からと、かなりリーズナブルです。


なお、Zenfone 2が採用しているGPU「PowerVR G6430」はiPhone 5sと同規格のもの。つまり最新のiPhone 6ほどではないとはいえ、十分な性能を備えていることになります。

ちなみに以前BUZZAP!でお伝えした通り、Zenfone 2は新たに人口カバー率99%を実現したKDDIのプラチナバンド(800MHz帯)LTEやWiMAX 2+もサポートするなど、国内3社の高速通信サービスをほぼ網羅。


ネットワーク面で他社と差を付けたau版iPhone 6と同じ環境を利用できる可能性があるため、今までのようなドコモ系MVNOだけでなく、mineoやUQ mobileといったau系MVNOでの利用も進むことになりそうです。

・関連記事
格安スマホ「Zenfone 2」をASUSが発表、4GB RAM採用でauのプラチナバンドLTEやWiMAX 2+も利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

MVNOで激突する「VAIOスマホ」と「格安Xperia」、どちらが買いなのか比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

値下げしたau回線のMVNO「mineo」がさらに基本料割引、スマホとセットで「毎月割」も | BUZZAP!(バザップ!)

期待のVAIOスマホ「JCI VA-10J」、3月12日の正式発表前に詳細が判明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加