全ての地球人のために、「地球の旗」が考案される

このエントリーをはてなブックマークに追加



国の数だけ国旗は存在しますが、地球に生きる地球人のための地球の旗は存在していませんでした。詳細は以下から。

スウェーデンのストックホルムのBeckmans College of Designに所属するOskar Pernefeldtさんが考案したのは「地球の旗」。これは国、地域、民族、氏族などの象徴である旗や紋章といったシンボルを体系的に整理、研究する学問である旗章学に基いてデザインされたもので、ネット上で大きく話題になっています。

Construction of The International Flag of Planet Earth from Beckmans College of Design on Vimeo.



花のように配置された7つの輪は地球の命を表します。これは神聖幾何学模様とも呼ばれる「フラワー・オブ・ライフ」の形象。それぞれの輪は互いにリンクし合っており、これは地球上に存在する全てが直接的もしくは間接的に関わり合っていることを表します。そして青い地の色は生命にとって不可欠で、地上の大部分を海として覆っている水を表しています。また同時に7つの輪の外側の円周は惑星としての地球を表し、周囲の青は宇宙を表しているとのこと。


この旗が使われるのはどんな時なのでしょうか。月や火星などの宇宙開発の際に地球を代表する旗として使われたり



自らがどこの国の人間である前に地球人であると表明したい人が家の前に飾ったり


スポーツの試合や国際会議の際に掲示されることなどが想定されています。



もちろんこの「地球の旗」は公式のものではありません。それでもこの地球上での人間のあり方の理想のひとつとして、これから支持を集めてゆくことになるかもしれません。

Planet Earth Now Has A Flag IFLScience

(Photos by Oskar Pernefeldt

布製 万国旗 100ヶ国 (ランダム) 25m
THK
売り上げランキング: 56,833

・関連記事
海の丸い石に点描で眩いばかりの曼荼羅を描き出すElspeth McLeanの宇宙 | BUZZAP!(バザップ!)

祈りの言葉は「ラーメン!」空飛ぶスパゲッティ・モンスター教の信者が教会を設立 | BUZZAP!(バザップ!)

まるでマクロスかガンダム、スターウォーズを帝国視点から80年代日本アニメ風に描いたショートアニメ作品がすごい! | BUZZAP!(バザップ!)

宇宙ステーションにEメールで工具やスペアパーツを送り、3Dプリントできる時代が到来 | BUZZAP!(バザップ!)

思わず息を呑む美しさ、闇夜に星々が輝く「宇宙の瞳」を持つフクロウが保護される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加