実はほぼ皆無、ソフトバンクのAndroidスマホのOSアップデート状況を調べてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモやKDDIがAndroidスマホのOSアップデート予定を発表するたびに悲喜こもごもが巻き起こりますが、少し気になるのがソフトバンクのアップデート状況。

他社と比べてAndroidスマホのアップデートが充実している……という話はあまり聞きませんが、実際はどうなのでしょうか。詳細は以下から。

今回調査したのはソフトバンクモバイルの製品情報ページにラインナップが残っている2012年夏モデルから、2014年春モデルまで。「かんたんスマホ」やディズニーモバイル・オン・ソフトバンク向けのモデルは除外してあります。

◆2012年
・夏モデル
ARROWS A 101F(Android 4.0):2013年11月にAndroid 4.1へアップデート

・秋冬モデル
STREAM 201HW(Android 4.0):アップデート無し
RAZR M 201M(Android 4.0):2013年4月にAndroid 4.1へアップデート

◆2013年
・春モデル
HONEY BEE 201K(Android 4.1):アップデート無し
ARROWS A 201F(Android 4.1):アップデート無し
AQUOS PHONE Xx 203SH(Android 4.1):アップデート無し

・夏モデル
AQUOS PHONE ss 205SH(Android 4.1):アップデート無し
ARROWS A 202F(Android 4.2):アップデート無し
DIGNO R 202K(Android 4.2):アップデート無し

・冬モデル
ARROWS A 301F(Android 4.2):アップデート無し
AQUOS PHONE Xx 302SH(Android 4.2):アップデート無し

◆2014年
・春モデル
AQUOS PHONE Xx mini 303SH(Android 4.2):アップデート無し

以上のことからほぼアップデートされてこなかったことが分かるソフトバンクのAndroidスマホ。

しかしドコモやauがAndroid 5.0アップデートを告知した2014年夏モデル以降のモデルや、「Xperia Z3」などのグローバルモデル、日米共同展開となった「AQUOS CRYSTAL」などに対してはアップデートが提供される可能性があるわけですが、何らかの告知は行われるのでしょうか。

・関連記事
発売1年未満の国産スマホも大打撃、GoogleがAndroid 4.3以下のサポート終了 | BUZZAP!(バザップ!)

ようやくKitKatが4割、AndroidとiOSの最新アップデート状況が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが3日間で1GB制限時の通信速度を緩和、128Kbps→1Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング