【追記あり】ソフトバンクのAndroid 5.0アップデート機種はXperia Z3に決定、実に1年半ぶりの対応に



NTTドコモやKDDIに続いて、ソフトバンクモバイルのAndroid 5.0アップデート予定が判明しました。詳細は以下から。

Buzzap!編集部でソフトバンクモバイルに問い合わせたところ、同社がAndroid 5.0アップデートを提供する予定の機種は、現時点でXperia Z3のみだそうです。

NTTドコモやKDDIが2014年夏モデル以降のAndroidスマホを中心にアップデートを提供することを受け、日米共同展開となった「AQUOS CRYSTAL」や、日本向けハイエンドモデル「AQUOS CRYSTAL Xx」なども対象になると期待されていましたが、現時点でXperia Z3以外の機種については「未定」とされています。

なお、Buzzap!編集部でソフトバンクのAndroidアップデート状況を調査したところ、メジャーアップデートが提供されるのは、2013年11月にAndroid 4.0から4.1へのアップデートが提供されたARROWS A 101F(2012年夏モデル)以来、実に1年半ぶりとなります。

・2015年6月5日追記
ソフトバンクがAndroid 5.0へのアップデート予定を公表しました。

ほかの機種のアップデート予定などには一切触れられておらず、「OSアップデート開始時期、実施方法、利用可能な機能などの詳細は、提供の準備が整い次第お知らせします」と告知されています。

Xperia Z3のAndroid 5.0へのバージョンアップ予定のご案内 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

・関連記事
実はほぼ皆無、ソフトバンクのAndroidスマホのOSアップデート状況を調べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

発売1年未満の国産スマホも大打撃、GoogleがAndroid 4.3以下のサポート終了 | BUZZAP!(バザップ!)

ようやくKitKatが4割、AndroidとiOSの最新アップデート状況が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが3日間で1GB制限時の通信速度を緩和、128Kbps→1Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます
  2. auが月額900円で5GBと通話定額付きの「スマホスタートプラン」開始、Prime Student無料で1年経過後も割安な若者向け格安プランに
  3. 【追記】「AQUOS sense7」「AQUOS sense7 plus」登場、シャープが2022年秋冬モデルの最新スマホを発表
  4. 「Pixel 7」第2世代Tensorはゲーマー向けに進化か、ただしCPUやカメラはほぼ変化なし
  5. 大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング