【追記あり】ソフトバンクのAndroid 5.0アップデート機種はXperia Z3に決定、実に1年半ぶりの対応に



NTTドコモやKDDIに続いて、ソフトバンクモバイルのAndroid 5.0アップデート予定が判明しました。詳細は以下から。

Buzzap!編集部でソフトバンクモバイルに問い合わせたところ、同社がAndroid 5.0アップデートを提供する予定の機種は、現時点でXperia Z3のみだそうです。

NTTドコモやKDDIが2014年夏モデル以降のAndroidスマホを中心にアップデートを提供することを受け、日米共同展開となった「AQUOS CRYSTAL」や、日本向けハイエンドモデル「AQUOS CRYSTAL Xx」なども対象になると期待されていましたが、現時点でXperia Z3以外の機種については「未定」とされています。

なお、Buzzap!編集部でソフトバンクのAndroidアップデート状況を調査したところ、メジャーアップデートが提供されるのは、2013年11月にAndroid 4.0から4.1へのアップデートが提供されたARROWS A 101F(2012年夏モデル)以来、実に1年半ぶりとなります。

・2015年6月5日追記
ソフトバンクがAndroid 5.0へのアップデート予定を公表しました。

ほかの機種のアップデート予定などには一切触れられておらず、「OSアップデート開始時期、実施方法、利用可能な機能などの詳細は、提供の準備が整い次第お知らせします」と告知されています。

Xperia Z3のAndroid 5.0へのバージョンアップ予定のご案内 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

・関連記事
実はほぼ皆無、ソフトバンクのAndroidスマホのOSアップデート状況を調べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

発売1年未満の国産スマホも大打撃、GoogleがAndroid 4.3以下のサポート終了 | BUZZAP!(バザップ!)

ようやくKitKatが4割、AndroidとiOSの最新アップデート状況が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが3日間で1GB制限時の通信速度を緩和、128Kbps→1Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング