【朗報】iPhone 4sにiOS 9提供決定、WWDC 2015でOS X「EL CAPTAIN」や「Apple Music」発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



Appleの開発者向けイベント「WWDC 2015」が開催され、iOS 9をはじめとしたさまざまな発表が行われました。詳細は以下から。

ティム・クックCEOが登壇


OS X、iOSに続く新OS「watchOS」


OS X最新版「Yosemite」は提供8ヶ月でWindows 8.1を圧倒する55%の導入率を達成。新バージョン「EL CAPTAIN」が発表されました。



EL CAPTAINではアプリ起動速度1.4倍、iOSで登場した「Metal」のMac版「Metal for Mac」によってレンダリング速度が40%向上します。実際にゲームをMetal for Macで動かしたデモでは、OpenGL利用時と比較し、70%のCPU使用率が下がりました。さらにiOS用に作ったレンダリングエンジンがすぐにMacで利用可能に。






開発者向けベータ版は本日から、正式版は秋に提供されます。



続いてはiOS。iOS 8はすでに83%が導入しているのに対し、Android 5.0~はわずか12%しかありません……


1週間あたり10億回利用される「Siri」。なんと予測機能「Proactive」が加わり、利用状況に応じてSiriがサジェストしてくれます。




検索機能も強化。YouTube内の動画などを探し、ダイレクトに表示できるようになりました。


続いてはApple Pay。気が付けばアメリカではものすごい勢いで広がっており、大手ブランドショップなどで採用。さらにSquareが対応リーダーを開発し、個人商店など100万店舗での採用を目指します。




さらにイギリスにも来月からApple Payを拡大


Apple Payで支払えばお店のポイントカードも自動的に電子化


PassbookはWalletになりました。


地図アプリを強化。地下鉄、バスなどの乗り換え案内が可能になります。



ただしサービス開始時点では欧米や中国の一部都市が対象で、日本は蚊帳の外です。



iPadのマルチタスクも強化


アプリを50:50ないし70:30で分割表示することが可能に


動画のポップアップもiPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3で実現



ただしアプリの分割表示はiPad Air 2のみです。


駆動時間を3時間伸ばす「low power mode」がiOS 9から実装。しかもiOS 9はアップデートに必要な容量が4.6GBから1.8GBへと減ります。


なお、iOS 9の開発者向けベータは本日から、パプリック向けベータは7月から提供。正式版は秋です。


対応デバイスは以下の通り。なんとiOS 8から1つのデバイスも脱落していません。これはすごい。

iPhone:iPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus
iPad:iPad 2、iPad 3rd、iPad 4th、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini、iPad mini 2、iPad mini 3
iPod touch:iPod touch 5th



Appleが7年前に解説したApp Store。もはやアプリは生活に欠かせない存在で、毎秒850のアプリがダウンロードされ、ユーザー1人あたり119のアプリを利用しているとのこと。なお、アプリの総ダウンロード数は1000億回を超えています。




Apple Watchが発売されて6週間の今発表されたのが「watchOS」。


最新版となるwatchOS 2ではフェイスを好きなように変更可能。



よりコンパニオン性が強化されます。



充電時に画面の向きを変更可能に。


高音質なFacetime Audioで通話できるほか、Passbook改めWalletで決済も。



さらに乗り換え案内もSiriが行ってくれます。


なんと今までiPhoneと組み合わせて使うだけだったApple Watchが……


単独で動作可能に。iPhoneが無い場合、自力で近くのWi-Fiに接続し、ネイティブアプリで動作するようになります。



ワンモアシング


新サービス「Apple Music」。Appleはとても音楽と関連の深い会社ですが、そこをさらに強化するもの。


さまざまなDJが参加する24時間オンラインラジオ放送局「Beats One」が開設され、ストリーミングでどこでも音楽が聴けるように。音楽のファンとアーティストが直接触れ合うことができるプラットフォームになります。



Apple Musicは6月30日提供開始。月額9.99ドルで家族向けライセンス(最大6人まで)は月額14.99ドルになります。




Apple - Live - June 2015 Special Event

Live from Apple's WWDC 2015 on the future of iOS and OS X

Live from Apple WWDC 2015 - The Verge

WWDC News Hub/Live Blog: Apple announces iOS 9, OS X 10.11, Apple Watch SDK & Apple Music | 9to5Mac

・関連記事
次世代iPhoneのカメラ、デュアルレンズ採用で劇的に進化か | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6cはプラスチック筐体採用、5cよりも低価格で展開か | BUZZAP!(バザップ!)

今年発売のiPhone 6s/6s Plus、4インチ版の「iPhone 6c」を含めた3モデル展開に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6sは初の2GB RAM搭載、Apple SIM採用で携帯会社の「土管化」進行へ | BUZZAP!(バザップ!)

大画面化が進むiPhone、スピーカーも大音量化してることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

落としても壊れず曲げられる「やわらかiPhone」の特許をAppleが取得 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加