ワイヤレス充電「Qi」に新規格登場、従来の3倍(15W)給電で急速充電可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に、従来の3倍となる給電量を実現した新規格が登場しました。詳細は以下の通り。

Qiに対応したデバイスの普及を目指す業界団体「Wireless Power Consortium」の公式ブログによると、新たに公開されたQiの新仕様は従来の3倍となる15Wの給電に対応。

9V/2A(18W)の急速充電に対応したZenfone 2など、昨今のスマホでは大容量での充電がサポートされていますが、Qiの新仕様では有線と変わらない速度での急速充電が可能となり、ユーザーの利便性が大きく向上します。


なお、新規格に対応したQiの充電器を用いて、従来の規格に対応したデバイスを充電できる後方互換性も実現。今までの資産が無駄にならない点もポイントです。

WPC Updates the Qi Specification, Hosts Speaker Conference and Trade Show at WPC 1503 - Wireless Power Consortium Blog

・関連記事
スマホやタブレットを効率良く高速に充電する方法 | BUZZAP!(バザップ!)

microUSBで直接充電、便利すぎる究極の乾電池型充電池「LIGHTORS」 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが「Xperia Z4v」発表、WQHD液晶搭載・非接触充電対応の上位モデルに | BUZZAP!(バザップ!)

京セラがWindows Phone版「TORQUE」試作、ソーラー充電モデルも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング