新型ISOCELLカメラセンサーをSamsungが開発、薄型スマホで高画質撮影が可能に



1.0マイクロメートルのピクセルを採用した新型カメラセンサーをSamsungが開発しました。詳細は以下から。

これがSamsungが新たに開発した1600万画素のカメラセンサー。Galaxy S6のカメラに採用されている1.12マイクロメートルのピクセルを採用したセンサーよりも20%薄く、薄型スマホに搭載しやすいのが特徴。


なお、Samsungはカメラセンサーにより多くの光を集め、ノイズの原因となるクロストークを低減する「ISOCELL技術」を導入。

今回開発された新型センサーにも同技術が採用されており、カメラの画質が犠牲になりがちな薄型スマホでも、暗い中で色鮮やかに撮影できるようになります。

ISOCELL Technology: High Resolution Imaging in the Slimmest Devices Yet - Samsung Electronics Official Blog: Samsung Tomorrow | Samsung Electronics Official Blog

・関連記事
Galaxy S5の微妙なカメラ、日本メーカーが協力を拒んだ結果であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ比較】Xperia Z4、Galaxy S6 edge、iPhone 6、isai vivid、HTC J butterfly、TORQUE G02、AQUOS SERIEで夜景撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ比較】格安スマホ「Zenfone 2」は夜景撮影にどれだけ強いのか、Xperia Z4やisai vividなどと比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia Z4と並び立つカメラ、isai vivid LGV32のマニュアル撮影機能は一眼に迫る面白さに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング