SSD値下がりの影響か、ハードディスクの出荷台数が急速に減少中

このエントリーをはてなブックマークに追加



HDDの出荷台数が大きく落ち込んでいることが明らかになりました。SSDの大容量化・低価格化が少なからず関連していると思われます。詳細は以下から。

これが海外メディアがまとめた、世界三大ハードディスクメーカーの一角「Western Digital(ウェスタン・デジタル)」のHDD出荷台数推移。2012年第4四半期にピークとなる約7100万台を出荷していた同社ですが、2015年第4四半期には約4850万台にまで減少する見込み。


特に2015年に入ってからがひどく、2015年第4四半期は前年同期比1500万台(うち一般ユーザー向けモデルが1200万台)減と、タイの工場が洪水で稼働停止した2011年を除けば、過去最悪の落ち込みっぷりを記録しています。

Shipments of WD hard disk drives hit a multi-year low | KitGuru

・関連記事
サンディスクが8TB・16TBのSSD発売へ、GB単価もHDD並みに | BUZZAP!(バザップ!)

従来の1000倍高速なフラッシュメモリをIntelが生産開始、3D XPoint技術採用で1989年以来の革新に | BUZZAP!(バザップ!)

240GBモデルのSSDが1万円割れ、最もお買い得なのは480GB・960GBモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

大容量SSDが大幅値下がりへ、ついに数千円で購入可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加