一時2000円割れも、64GB・128GBのmicroSDXCカードが大きく値下がり



スマホカメラの高画質化が進み、4K動画すら撮影できるようになった今、一番大きな問題が記録容量。

Androidスマホであれば、大半のモデルがmicroSDカードで容量を増やすことができるわけですが、現時点で最大容量となる128GBモデルや64GBモデルが値下がりし、非常にお手ごろ価格となっています。詳細は以下から。

価格.com - メーカー問わず microSDXCメモリーカード 64GB 価格比較

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2015年8月14日0:00現在、64GBのmicroSDXCカード(メーカー問わず)が2340円で販売されています。

価格の推移はこんな感じ。円安の影響もあり、長らく3000円程度で販売されていましたが、4月以降じわじわと下落。6月からは大きく値下がりし、7月には一時的ではあるものの、2000円を割り込みました。


なお、東芝の「SD-C064GR7AR040A」やサンディスクの「SDSDQL-064G-G35」といった有名メーカー製モデルも2400円前後で販売中。モデルによって書き込み速度が異なるため、用途に応じて選ぶと幸せになれます。

価格.com - Gigastone GJMX/128U [128GB] 価格比較

さらに2015年8月14日0:00現在、Gigastone製の128GBモデル「GJMX/128U」も同容量の中では最安となる6980円で販売中。128GBモデルが7000円を割り込むことは珍しいため、とにかく大容量を求めるのであれば十分選択肢に入ると思われます。

・関連記事
サンディスクが8TB・16TBのSSD発売へ、GB単価もHDD並みに | BUZZAP!(バザップ!)

ついに4Kテレビが8万円台に、あのメーカーが日本市場で価格攻勢 | BUZZAP!(バザップ!)

240GBモデルのSSDが1万円割れ、最もお買い得なのは480GB・960GBモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

一眼レフが嫉妬するisai vivid LGV32、11日間限定で機種変更大幅割引中 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 超格安スマホ「POCO C40」爆誕、ユニークすぎるプロセッサで低価格を実現
  2. 【朗報】Xiaomi「POCO F3」大容量モデル値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」の第2世代Tensorは処理能力がほとんど向上しない可能性、競合各社に大きく後れを取る性能に
  5. 「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万5000円に、120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング