鎌倉市図書館の「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい」とのツイートに賛同の嵐

このエントリーをはてなブックマークに追加



もうじき夏休みの終わる子供たちに向けた鎌倉市図書館のツイートが賛同と共感の嵐を呼んでいます。

鎌倉市図書館の公式アカウントは今朝9時過ぎに以下のようにツイート。


これは内閣府の調査で夏休み明けの9月1日前後に子供の自殺が急増し、年間で最多になると判明したことを受けてのツイートと見られます。

東京新聞 子どもの自殺 9月1日が最多 夏休みの行動や体調見守って 社会(TOKYO Web)

子供の自殺、夏休み明け前後に急増 内閣府調査:日本経済新聞


かつて夏休みの終わりにどうしようもなくつらい気持ちに襲われたことのある人は少なくないのではないでしょうか。ネット上ではこの発言に大きな感動と賛意の輪が広がり、半日も経たないうちに1万回以上リツイートされ、多くの賛同コメントがついています。


この問題に関して不登校児を支援するNPO法人、全国不登校新聞社は8月18日時点で以下のような緊急メッセージを発しています。

夏休みのあいだは、「学校に行かなきゃ」との思いから少しだけ解放される、つかの間の休息期間です。

しかし、もうすぐ新学期が始まります。学校のことを考えるたび、つらい気持ちになっていませんか。そのつらさを誰にも打ち明けられず、一人で悩んでいませんか。

明日、学校に行きたくないと思っているあなたへ、一つだけお願いがあります。「学校に行けない自分はもう死ぬしかない」と、自分で自分を追い詰めないでください。身も心もボロボロになるまで頑張り続けたあなたに必要なことは「休むこと」です。

誰かと比べる必要はありません。あなた自身がつらいと感じたら、無理して学校に行こうとせずに、まずは休んでください。学校から逃げることは恥ずかしいことではありません。生きるために逃げるんです。

緊急メッセージ 明日、学校に行きたくないあなたへ 不登校新聞より引用)


鎌倉市図書館はこうした提言にリンクし、学校を休んだ時の具体的な逃げ場所として自らを提示したということになります。

こうした対応が鎌倉市図書館に留まらず、全国の図書館が「学校に行くのがつらいけれど家にもいられない」と感じる子供たちの逃げ場所として認知されれば大きなセーフティネットとなりそうです。

挑戦する図書館
挑戦する図書館
posted with amazlet at 15.08.26
大串 夏身
青弓社
売り上げランキング: 19,711

・関連記事
「いじめ多数」の学校は積極的に把握して解消に取り組んでいると高評価へ、文科省の異例の方針転換に賞賛の声 | BUZZAP!(バザップ!)

日本人人口が過去最大の27万6千人減少、65歳以上人口は110万人増加で少子高齢化に拍車 | BUZZAP!(バザップ!)

子供の貧困と脳の発達には関連があるとの研究発表 | BUZZAP!(バザップ!)

【食事中注意】外で思いっきり遊んできた子供の手は、実はこんなにも汚れている | BUZZAP!(バザップ!)

茅ヶ崎駅の線路で子供が遊んでいるのを運転手と旅客が目撃→捜索するも発見できず、そもそも監視カメラにも映っていなかったという事案が発生 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加