キラーアプリ欠如のApple Watch、販売台数は予想の半分程度か

このエントリーをはてなブックマークに追加



Appleが満を持して発売したウェアラブルデバイス「Apple Watch」の販売台数が予想を大きく下回る可能性が浮上しています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Apple Watchの2015年の販売台数は900~1200万台と推定されるそうです。これは今年3月に部品メーカー関係者が予想していた生産台数(1500~2000万台)のわずか半数~6割程度。

Appleは9月上旬に行われた発表会において、Apple Watchのアドバンテージとして、FacebookメッセンジャーやGoProとの連携など、1万におよぶアプリを利用できるようになる点を打ち出していますが、これらのほとんどはAndroid Wearを採用したウェアラブルデバイスでもできること。

カラーバリエーションやバンドの追加といったテコ入れが行われているものの、「Apple Watchならでは」を実現するキラーアプリの欠如が需要の伸びを妨げていると考えられています。

Digitimes Research: Apple Watch unit sales in 2015 estimated at 9-12 million

・関連記事
Apple Watchを米大手紙などが「期待外れ」と酷評、実機レビューが荒れる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

キッチン周りは意外と危険!?Apple Watchは日常に起こるトラブルに耐えられるのかテストしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

Apple Watch最大の弱点を克服できるバッテリー内蔵リストバンド「WiPowerBand」 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

発売されたばかりの「Apple Watch」、さっそく分解される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加