太陽系ってどれくらい大きいの?砂漠で正確なスケールで再現してみると…

このエントリーをはてなブックマークに追加



私たちの住む地球の属する太陽系。どれくらい大きいのでしょうか?正確なスケールで再現してみたらとんでもないことになりました。詳細は以下から。

太陽系を表わす時、星の大きさや距離感は正確ではありません。もちろんそれぞれのイメージには目的があるのでそれが悪いわけではありませんが、では本気で太陽系を正確なスケールで再現しようとすると、どんなことになるのでしょうか?


Alex GoroshさんとWylie Overstreetさんはビー玉を地球に見立て、これに合わせて太陽や他の惑星の大きさと距離を正確に再現しようと試みました。彼らはバーニング・マンで有名なアメリカ合衆国ネバダ州のブラックロック砂漠へと向かいます。

動画は以下から。

To Scale The Solar System - YouTube


太陽から最も遠い海王星までは5.5km。なんと直径が11kmの太陽系ができあがりました。バルーンの太陽と惑星の間に広がるブラックロック砂漠は、本来は広大な宇宙空間。あまりのスケール感に息を呑みます。

Amazing Video Shows Our Solar System To Scale Across Seven Miles Of Desert IFLScience

・関連記事
太陽系の大きさを全てありのままの比率で表示した驚くほど長大なサイト「OMG SPACE」 | BUZZAP!(バザップ!)

あまりに黙示録的、月が国際宇宙ステーションと同じ距離を回っていたらこう見える | BUZZAP!(バザップ!)

地球と月の間には太陽系の全惑星をちょうど並べることができます | BUZZAP!(バザップ!)

2億km彼方の火星でも、地球と同じ日が沈むことが実感できる1枚の写真 | BUZZAP!(バザップ!)

ホーキング博士が100億円以上を掛けた史上最大の「地球外知的生命体」探査プロジェクトを発表、一般人も参加可能 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加