ベーコン、ソーセージなどの加工肉で発がんリスク18%上昇とWHOが発表、赤身肉にも恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Shawn Zamechek

WHO(世界保健機関)が加工肉に発がん性があるとの調査結果を発表しました。赤身肉も発がん性の恐れがあるとのこと。詳細は以下から。

WHOの専門組織、IARC(国際がん研究機関)は26日、ソーセージやベーコンなどの加工肉には「発がん性」があり、毎日50g以上食べると大腸がんや直腸がんなどの発がんリスクが18%増加するとした研究結果を発表しました。

なお、このランクに登録されているのはアルコール、アスベスト、タバコ、ヒ素、プルトニウムなど。もちろん50gのベーコンが同量のプルトニウム並に危険という意味ではなく、どちらも「発がん性」を持つと認定されたため同じランクに登録されています。

また、証拠は限定されているとしながらも、牛肉、豚肉、ラム肉などの赤身肉にも「発がん性の恐れ」があるとも同時に発表しています。

加工肉とは、肉を燻製や塩漬けのような伝統的な手法から、保存料や着色料、化学調味料などの添加物を用いて加工したの製品のこと。ソーセージ、ハム、ベーコン、サラミ、ホットドッグ、コンビーフ、スパムミートや肉類を用いたソースなどが該当します。

今回発表された加工肉の発がん性はそうした加工の過程で用いられる物質や、加工過程や消費過程での高温処理で発生する物質などに起因するものとBBCなどは報じています。

ただし、こうした理由から加工肉や赤身肉の消費を一切止めるべきという結論ではなく、若干量を少なめにしたり食べる回数を減らす程度であれば大きな問題にはならないとのこと。

特に赤身肉はビタミンB12や必須ミネラルである鉄や亜鉛を含んでおり、単に減らすだけでは片手落ちとなるため、総合的な栄養バランスを考えた食事を摂る必要があります。

Processed meats do cause cancer - WHO - BBC News

Processed Meats Classified As Carcinogens By World Health Organization IFLScience

(Photo by Shawn Zamechek


・関連記事
超ヘルシーで「ベーコン味」の海藻が発見される | BUZZAP!(バザップ!)

【納得】チーズにはドラッグ並の依存性があることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

【お待ちかねの実食編】コオロギからゴキブリまで昆虫食の未来を見通し、そして美味しく食べる「関西虫食いフェスティバル」を体験してきました【昆虫料理画像多数!】 | BUZZAP!(バザップ!)

200円のマクドナルド新商品「おてごろマック」はお得?エグチ・バベポ・ハムタスを一足先に食べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ドリトス風呂や鬼盛りナゲットなど、大量の食べ物が並んだパラダイスいろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加