KDDIがワイヤレス給電システム共同開発、10メートル離れた複数台の機器を充電可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ケーブルを接続することなく機器を充電できる技術をKDDIなどが開発しました。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社はアメリカのOssia社と共同でワイヤレス給電システムを開発し、世界最大の家電見本市「CES 2016」に出展するそうです。

同技術はOssiaが独自に開発を進めてきたもので、従来の装着型電池とは異なり、最大約10メートル離れても、最大1ワットまでの給電が可能になるというもの。

Wi-FiやBluetoothと同じ2.4GHz帯を用いており、複数かつ広範囲での給電が可能となるほか、障害物があったり、受電側が移動している場合でも給電できるとのこと。


受電側のレシーバーは非常にローコストで実装でき、IoTデバイスに適しているとのことで、デバイスメーカーや開発者向けに、チャージャー (送電) やレシーバー (受電) だけでなく、給電を操作するためのクラウドやモバイルアプリケーションの開発までを含む、総合的なプラットフォームを提供するとしています。

米国Ossia社とのワイヤレス給電システムの共同開発およびCES2016での参考出展について | 2015年 | KDDI株式会社

・関連記事
1回の充電で1週間使えるスマホ「OUKITEL K6000」が1万円台に、6000mAhの大容量バッテリー搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが新型電池を投入へ、スマホの動作時間が1.4倍に | BUZZAP!(バザップ!)

ワイヤレス充電「Qi」に新規格登場、従来の3倍(15W)給電で急速充電可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加