大阪ガスが電力小売りに参入、関西を中心に申し込み開始

このエントリーをはてなブックマークに追加



電力小売自由化に伴い、関西地方に展開する大阪ガスが電力小売りに参入します。原子力発電への依存度が高い関西電力管内では電気の値上がりが続く一方でしたが、新たな選択肢が生まれそうです。詳細は以下から。

東日本大震災に伴う福島第一原発事故とその後の東京電力の対応は日本国民に大きな不信感を植え付けました。

しかし電力会社による地域独占が行われていたことで、一般家庭では「どのような電気を使うか」という選択肢が存在しなかったわけですが、2016年4月からの電力小売全面自由化によってようやく一般家庭でも自由に電力をどこから買うか選べるようになります。

そして関西電力の管轄内である京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県(赤穂市福浦を除く)・奈良県・和歌山県、それに加えて福井県・三重県・岐阜県の一部で大阪ガスが電力の小売りを開始します。

大阪ガスは既に2000年からNTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスの3社による出資会社である新電力のエネットの販売代理店として特高・高圧分野で実績を持っており、現在の電力販売量は年間20億kWhに上っています。

また、大阪ガスグループの発電所は高効率で二酸化炭素排出量の少ない天然ガス火力発電所を中心に風力発電所、太陽光発電所という構成となっており、とてもエコな点がポイント。


切り替えは本日1月4日から大阪ガスサービスショップや公式ページ、電話などから簡単に行なえ、事前にこれまで1年間の電力使用量や電気料金から切り替えによってどれ程のメリットがあるかも確認可能。電力使用量の多い家庭ほど切り替えによって電気料金が安くなる可能性があります。

また、アパートやマンションでもマンション単位で一括受電契約を指定ない限り基本的に1戸単位で申し込みが可能。工事も不要で関西電力がスマートメーターを設置(無料)するのみです。

これは大阪ガスの話ですが、東京ガスを始めとした各地のガス会社やKDDIなどの通信キャリア、グリーンエネルギーを中心とした電力の供給を目指す会社も新たに電力小売に参入しています。

どのような方法で発電された電気を使って暮らすのかという、自らのライフスタイルでエネルギーに対する姿勢がこれまで以上に明確に示すことができるようになる電力小売全面自由化。ぜひこのタイミングで意思表示してみてはいかがでしょうか?

大阪ガスの電気 大阪ガス
・関連記事
電力小売全面自由化まであと1年、私達の電気の選択肢はどう広がるのか? | BUZZAP!(バザップ!)

発送電分離を定めた改正電事法が成立、家庭用のガスを完全自由化する関連法も | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「auでんき」提供表明、通信とのセット割引導入も | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI(au)が電気とのセット割引提供へ、ドコモ・ソフトバンクの動きも明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

東京電力が「携帯電話と電気料金のセット割引」や共通ポイント提供へ、関西電力なども追従か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加