好きな音楽を陶器に?音波振動を使って模様を3Dプリントするという新発想「Solid Vibration」

このエントリーをはてなブックマークに追加



あなたの好きな楽曲を陶器の模様にしてしまうことができるようになりました。詳細は以下から。

音というのは空気の振動です。つまり、あなたの好きな音楽も耳に届くときには空気の振動として届くのです。ではその振動を使って模様を作れないかと考えた作家がいました。

デザイナーのOlivier van HerptさんとStudio Van Broekhovenが作り上げたデバイス「Solid Vibration」は、粘土を用いて陶器を3Dプリントする際に、音や音楽の振動を伝えることで音波振動の独特の文様を刻みつけることができるというもの。


言葉よりもまずはこちらの動画をご覧ください。

Solid Vibration from StudioVanBroekhoven on Vimeo.



ここで用いられているのは音楽というよりもミニマルに繰り返されるリズム。このリズムが微妙に変化していくと模様にも変化が生まれてくることになります。まさに振動が固体化したと言えそうです。


ミニマル・テクノやアンビエントなどはかなり面白い模様ができそうですが、クラシックやロックではどんなことになるのか興味深いところ。自分の好きな楽曲の模様の食器ができたら楽しそうですが…。

Ceramics 3D Printed Using Sound Waves - Design Milk

・関連記事
古代と最先端技術の融合、3Dプリントされた「デジタル日時計」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

あなたも自作できる、3Dプリントの超攻撃的な猫専用アーマーがかっこいい! | BUZZAP!(バザップ!)

植物やキノコを育ててそのままパクリ!3Dプリントされたスナックが新感覚過ぎる | BUZZAP!(バザップ!)

回転させると黄金螺旋が踊りだして激しく幻惑される3Dプリント彫刻 | BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリント義肢で、生まれつき前足が悪い犬が自由に駆け回れるように | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加