まさに格安iPhone、本日発売のワイモバイル版iPhone 5sがすごい



以前Buzzap!でお伝えした通り、いよいよ本日発売となったワイモバイル版iPhone 5s。

実際の料金プランが判明しましたが、なかなかのリーズナブルさとなっています。詳細は以下から。

これがワイモバイルオンラインショップのiPhone特設ページ。iPhone 5sはワイモバイルショップなどの取扱店舗やオンラインショップで購入できます。

iPhone | ワイモバイル(Y!mobile)


プランは他のAndroidスマホなどと同じ、スマホプランS・M・Lの3種類。もちろん1回あたり10分、月300回までの通話定額も含まれています。


ワイモバイルオンラインショップでiPhone 5sの16GBモデルをMNP、スマホプランS(MNPの場合、1GB→2GB)で契約した場合の月額料金。本体の割賦金(2646円)が月額割引(1566円)およびMNP特別割引(1080円、12ヶ月間)と相殺され、月額3218円から利用できます。


スマホプランM(MNPの場合、3GB→6GB)では月額割引が2106円に増額され、月額3758円に。1年後に特別割引が切れ、月額4838円になるものの、本体代込みと考えれば非常にリーズナブルではないでしょうか。


発売から2年以上経過しているにもかかわらず、最新のiOS 9をサポートするなど、旧型とはいえ十分使えるiPhone 5s。最新性能を追い求めないライト層向けには絶好の選択肢ではないでしょうか。

・関連記事
2段階定額の「ソフトバンク光 ファミリー・ライト」登場、「ドコモ光ミニ」が霞んで見える内容に | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ本体・無料通話・データ通信全部込みで2980円、UQ mobileの「ぴったりプラン」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

「AQUOS Xx-Y」「AQUOS CRYSTAL Y2」をワイモバイルが発売へ、ソフトバンク版を再利用 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング