auがiPhone SEの本体価格発表、最安実質負担額は720円に



KDDIが3月31日に発売されるau版iPhone SEの本体価格を発表しました。「iPhone 6s相当の性能を実現した廉価版」という、不思議な位置付けの同モデルですが、エントリー~ミドルレンジスマホ並みの価格で提供されます。詳細は以下から。

KDDIの告知ページによると、au版iPhone SEは16GBモデルの実質価格が1万800円で、64GBモデルは1万6200円。新規契約・MNP・機種変更ともすべて同じ値段です。


また、auケータイや3Gスマホを16ヶ月以上利用しているユーザーに対しては、毎月割が420円×24ヶ月(総額1万80円)増額されるため、16GBモデルを実質720円で購入できるなど、手ごろな価格となっています。

・関連記事
ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone SE本体価格比較、ライトユーザーはauが最安か | BUZZAP!(バザップ!)

2年ぶりの4インチ「iPhone SE」徹底解説、廉価版のはずがiPhone 6sクラスの性能に | BUZZAP!(バザップ!)

auの1GBプラン「データ定額1」が3月23日提供へ、スマバリ適用で4000円割れも毎月割無し(端末代実費)に | BUZZAP!(バザップ!)

auがAndroid 6.0アップデート機種を公開、Xperia Z3が対象外でTORQUE G02は対象に | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM「UQ mobile」がiOS 9正式対応、iPhone 6sなどで利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング