auがiPhone SEの本体価格発表、最安実質負担額は720円に



KDDIが3月31日に発売されるau版iPhone SEの本体価格を発表しました。「iPhone 6s相当の性能を実現した廉価版」という、不思議な位置付けの同モデルですが、エントリー~ミドルレンジスマホ並みの価格で提供されます。詳細は以下から。

KDDIの告知ページによると、au版iPhone SEは16GBモデルの実質価格が1万800円で、64GBモデルは1万6200円。新規契約・MNP・機種変更ともすべて同じ値段です。


また、auケータイや3Gスマホを16ヶ月以上利用しているユーザーに対しては、毎月割が420円×24ヶ月(総額1万80円)増額されるため、16GBモデルを実質720円で購入できるなど、手ごろな価格となっています。

・関連記事
ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone SE本体価格比較、ライトユーザーはauが最安か | BUZZAP!(バザップ!)

2年ぶりの4インチ「iPhone SE」徹底解説、廉価版のはずがiPhone 6sクラスの性能に | BUZZAP!(バザップ!)

auの1GBプラン「データ定額1」が3月23日提供へ、スマバリ適用で4000円割れも毎月割無し(端末代実費)に | BUZZAP!(バザップ!)

auがAndroid 6.0アップデート機種を公開、Xperia Z3が対象外でTORQUE G02は対象に | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM「UQ mobile」がiOS 9正式対応、iPhone 6sなどで利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクのバトル継続中、本体のみ購入でも割引で128GBモデルも格安に
  2. 【速報】ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も
  3. KDDI(au)が「新サービス発表会」開催、基本料0円の新プラン「povo 2.0」に加え、鉄道や繁華街での5Gエリア拡大、高速衛星ブロードバンドも
  4. 【速報】iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に
  5. 【速報】iPhone 13の5Gも「ミリ波(mmWave)」非対応でSub-6のみに、アメリカと中国の5G主導権争いに終止符か

モバイルに関連した楽天商品ランキング