世界で最も醜い色が特定される、しかしいったいなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界で最も醜い色が調査の結果特定されました。詳細は以下から。

空の青、炎の赤、夕暮れの橙、木の葉の緑…美しい色を挙げていけばきりがありません。個々人の好みもその時の気分も大きく影響するでしょう。ではその逆、最も醜い色というのは存在するのでしょうか?

オーストラリア政府が依頼した調査期間GfKによると、その世界で最も醜い色は「PANTONE 448 C」。くすんだ暗い茶色で「opaque couché」とも呼ばれ、「死」「汚れ」「タール」などと表現されてきた色です。確かに泥炭のような、湿った暗い森の土のような、津波の濁流のような陰鬱な色彩です。


ではオーストラリア政府はいったいなぜ世界で最も醜い色を調べようとしたのでしょうか?その答えはタバコでした。オーストラリア政府は喫煙者がタバコを吸いたい気分にならないよう、タバコのパッケージをこの色にしたのです。もちろん「タバコはあなたの健康を害します」という文言とリアルでグロテスクな写真はそのままに。

確かに道路や工事現場などの標識で「赤は危険」「黄色と黒で警戒」「青は安全」など、色彩が見る人に与える影響が考慮されているのは有名な話。オーストラリア政府の目の付け所はかなりいい線を行っているのかもしれません。

その後、イギリス、アイルランド、フランス政府も追随し、タバコの箱はこの「世界で最も醜い色」に変えられています。現時点では変更による喫煙者や喫煙量の減少などのデータは提示されていませんが、果たしてニコチンを欲する気持ちはこの色程度で収まるのでしょうか?もし本当に効果があったなら、いつか日本のタバコも同じ運命をたどることになるかもしれません。

ですが、ブルーチーズやくさやの激しい臭いも、世界の多くの国の人にとってはグロテスクでしかないタコの姿も、好きな人からすれば食欲を掻き立てるトリガーとなってしまいます。逆に世界中の喫煙者がこの色を見るとタバコが吸いたくなる…といった冗談のような結果が起こることはあり得ないのでしょうか?

This Is The World’s Ugliest Color ? And It Has An Important Job TIME

DIC ポケット型カラーチャート
DIC
売り上げランキング: 1,980

・関連記事
4原色の色覚を持ち、常人の100倍の1億色を視ることのできる女性画家 | BUZZAP!(バザップ!)

色から名前をはずす、KOKUYOの「なまえのないえのぐ」の限りない自由度が海外でも話題に | BUZZAP!(バザップ!)

これはすごい!色覚障害を持つ人が「色を見分けられる」ようになるメガネ | BUZZAP!(バザップ!)

脳が惑わされる!?白黒写真が完全フルカラーに見えてしまう不思議 | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの色彩感覚の限界に挑戦する、CMYK色域に対応した1000ピースのジグソーパズル | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加