ドローンに捉えられた、あまりにも明らかで残酷な「貧富の差」の光景

このエントリーをはてなブックマークに追加



空を飛ぶドローンのカメラから、それはあまりにもはっきりと見えてしまいました。詳細は以下から。

アパルトヘイトが終わって20年以上が経った南アフリカ共和国。しかし「世界一治安の悪い都市」とされるヨハネスブルグを筆頭に、深刻な貧困と失業、それに伴う格差の問題は一向に解決していません。

経済的格差は人間の人生を大きく変えてしまう一方、街の景観そのものをも全く違うものにしてしまいます。アメリカ合衆国の写真家Johnny Millerさんは自らの写真シリーズ「Unequal Scenes(不均質な景色)」の一環としてケープタウンでドローンを使った街の風景の空撮を行いました。

Millerさんはケープタウンの中の38000人がバラックに身を寄せ合うマシプメレレ地区と、そこに隣接する資産価値数億円というレイク・ミッシェル地区の境界、そしてこれに類する「不均質な」風景を撮影していきます。Millerさんはこう指摘します。

ケープタウン内部の貧富による「隔離」は絶望的なものだと言わざるを得ない。それは都会の地獄と行っても過言ではないものだ。病気があり、犯罪があり、失業があり、怒りがあり、絶望がある。そこいらじゅうにだ。

そしてまったくの誇張なしに、その隣では富のもたらす喜びの全てがある。インターネット、自動車、プール、富への道、仕事、希望、快適さが。














程度の差こそあれ、これは南アフリカ共和国に限った話ではありません。他の国でも、この日本でも実際に発生していることは忘れてはならないでしょう。

Drone Photos Capture The Rich Poor Divide in Cape Town Amusing Planet

最貧困女子 (幻冬舎新書)
鈴木 大介
幻冬舎
売り上げランキング: 5,210

・関連記事
これが格差社会の現実、えげつない程の貧富の差がひと目で分かるメキシコの空撮写真 | BUZZAP!(バザップ!)

世界の1%の富裕層の資産、残りの全人類99%の資産を上回る | BUZZAP!(バザップ!)

OECD「トリクルダウンは起こらなかったし、所得格差は経済成長を損なう」という衝撃の報告について | BUZZAP!(バザップ!)

年収が低過ぎて恋愛も結婚もできない!若者の貧困で少子化のアクセル全開であることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

「世界一貧しい大統領」と呼ばれたムヒカ前大統領の日本人へのメッセージが素晴らしすぎる | BUZZAP!(バザップ!)

これがホントの貧困ビジネス!?安全、快適に貧困層体験ができるスラム街がテーマの高級リゾート「Shanty Town」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加