国内初のカメラ付き携帯電話「THZ43 キアロ/ラポッシェ」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



「カメラが付いた携帯電話」という意味では、おそらく国内初といえるツーカーの「THZ43 Chiaro(キアロ)」と「LaPochee(ラポッシェ)」が「au SHINJUKU」の期間限定イベント「おもいでケータイ タイムトラベル」で展示されていたため、さっそくレビューをお届けします。

撮った写真をメールでやり取りすることはできず、あまり売れ行きは良くなかった同モデルですが、はたしてどのような仕様なのでしょうか。詳細は以下から。

これが「THZ43 Chiaro(キアロ)」本体。1999年5月発売で、カメラを本体に内蔵した初の携帯電話端末(PHS)「VP-210」より4ヶ月早く登場。画面はモノクロです。


三菱電機製なだけあって、フリップタイプです。



これが付属する専用デジタルカメラ「LaPochee(ラポッシェ)」。96×96ドットのモノクロ写真を撮影でき、Chiaroとはケーブルで接続する仕組みでした。




カメラユニット部分は回転できます。




「もしカメラが本体に内蔵されていたら」「カラーで写真が撮れたら」「手軽に送受信できたら」、後のツーカーの命運さえも変える存在になり得たかもしれなかったTHZ43 キアロ/ラポッシェ。

今や当たり前となった携帯電話のカメラ機能が普及する前には、さまざまなアプローチが検討されていたことを知ることができる、なかなか面白い機種ではないでしょうか。

・関連記事
【IDO】au厳選の60機種で携帯電話の歴史を振り返ってみた【セルラー】 | BUZZAP!(バザップ!)

今と全く異なる料金プラン、 KDDI発足当時のauのカタログがすごい | BUZZAP!(バザップ!)

とにかく懐かしさがいっぱい、auの「おもいでケータイ タイムトラベル」で遊んできた | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがほぼ全機種掲載の「auケータイ図鑑」公開、個性豊かな600機種以上がラインナップ | BUZZAP!(バザップ!)

auが2016年夏モデル第2弾を7月28日に発表へ、ゲストに杉良太郎と眞鍋かをり | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話誕生30年、KDDIが過去機種を振り返る「おもいでタイムライン」公開 | BUZZAP!(バザップ!)

auがiPhone SEを1980円で使えるキャンペーン開始、ワイモバイルに完全対抗へ | BUZZAP!(バザップ!)

auが月額2980円でスマホを使える「新スマホデビュープログラム」開始、XperiaやGalaxyも対象に | BUZZAP!(バザップ!)

毎月最大3410円割引&家族全員2GB増量、KDDIが「スマバリバリキャンペーン」展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加