通信量の心配ゼロ、格安スマホ・UQ mobileの節約モード(300kbps)でポケモンGOをプレイしてみた



いよいよ本日から配信されたポケモンGO。多くの人がプレイしようとした結果、いきなりサーバーが不安定になるなどのトラブルも発生していますが、やはり気になるのが通信量。

そこで今回、通信量がカウントされないターボOFF(節約モード)時に他の事業者の1.5倍となる300kbpsで通信できる格安スマホ「UQ mobile」でプレイできるかを試してみました。詳細は以下から。

UQ mobileのSIMを挿したarrows M02。


高速モードから通信量がカウントされない節約モードに切り替えます。


そしておもむろにポケモンGOをプレイ。プレイしている様子を長々と撮影してみましたが、特に読み込みが遅くなる・プレイに支障をきたすといったことはありません。



実際に10数分ほどプレイしてみた場合の通信量は7.74MB。理論上、10分間通信し続けると22MBほど通信できる300kbpsの節約モードでも、かなりゆとりがあることが分かります。ポケモンGO以外のアプリがバックグラウンドで行う通信も滞りなく担ってくれそうです。


さらにUQ mobileは7月15日から、加入者向けに無料の公衆無線LANサービス「Wi2 300 for UQ mobile」を提供開始。ポケモンGOのアプリがアップデートされた時などに、Wi-Fiスポットを使って更新すれば、通信量をさらに削ることができます。


あまりスペックの高くないarrows M02で、さらに節約モード時でもプレイできることが明らかになったポケモンGO。もし子どもが「ポケモンGOをプレイしたい」と言い出したら、格安スマホを買い与えてみるのも一つの手ではないでしょうか。

・関連記事
最新機種も非対応、「ポケモンGOがプレイできない」とシャープのスマホ利用者が阿鼻叫喚 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobile版iPhone 5s速攻レビュー、本体代込み月額2680円&キャリア品質のメールも | BUZZAP!(バザップ!)

実は動画サイトも利用可能、UQ mobile版iPhone 5sの「節約モード(300kbps)」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

Androidのバージョンアップを怠るスマホメーカー、Googleがリスト化してランク付けへ | BUZZAP!(バザップ!)

実はほぼ皆無、ソフトバンクのAndroidスマホのOSアップデート状況を調べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

発売1年未満の国産スマホも大打撃、GoogleがAndroid 4.3以下のサポート終了 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング