ポケモンGO特需か、モバイルバッテリーが相次いで売り切れる異常事態に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ポケモンGOがリリースされて3日間が経過した今、モバイルバッテリー市場に非常事態が発生しています。詳細は以下から。

大手通販サイト「Amazon.co.jp」によると、2016年7月25日現在、cheeroのモバイルバッテリー最新モデル2機種が売り切れ、通常価格より割高なマーケットプレイス経由でしか購入できなくなっています。

cheero Power Plus 3 10050mA


cheero Power Plus 3 13400mAh


同じ人気メーカーのAnkerも以下の2モデルが8月5~6日入荷に。ポケモンGO特需とみられますが、もし他のメーカー製バッテリーで妥協することを考えているのであれば、以前Buzzap!でまとめたモバイルバッテリーの選び方を参考にしてみるといいかもしれません。

Anker PowerCore+ 10050


Anker PowerCore 13000


かろうじて在庫があるのが「PowerCore 10000」のみ。しかしほとんどのスマホを複数回充電できる10000mAhの大容量と、5V/2.4Aの急速充電に対応し、バッテリー本体を急速充電できるため、多くのスマホユーザーはこれ一台で事足りるのではないでしょうか。

Anker PowerCore 10000

・関連記事
気が付けば大容量でも2000円、失敗しないモバイルバッテリーの選び方 | BUZZAP!(バザップ!)

通信量の心配ゼロ、格安スマホ・UQ mobileの節約モード(300kbps)でポケモンGOをプレイしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホでポケモンGOは動作するのか、スペック低めの「arrows M02」で試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

最新機種も非対応、「ポケモンGOがプレイできない」とシャープのスマホ利用者が阿鼻叫喚 | BUZZAP!(バザップ!)

Androidのバージョンアップを怠るスマホメーカー、Googleがリスト化してランク付けへ | BUZZAP!(バザップ!)

実はほぼ皆無、ソフトバンクのAndroidスマホのOSアップデート状況を調べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

発売1年未満の国産スマホも大打撃、GoogleがAndroid 4.3以下のサポート終了 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加