【要注意】モバイルバッテリー1台2万円!?ポケモンGO特需で鬼のようなボッタクリ発生中

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日Buzzap!でポケモンGOがリリースされたことを受け、モバイルバッテリー特需が発生していることをお伝えしましたが、状況が悪化していることが明らかになりました。

歌舞伎町のぼったくりバーも裸足で逃げ出すほどのぼったくりっぷりです。詳細は以下から。

大手通販サイト「Amazon.co.jp」によると、2016年7月26日現在、人気メーカー・cheeroのモバイルバッテリー「cheero Power Plus 3 10050mA」がマーケットプレイスで1万6856円で販売されています。

cheero Power Plus 3 10050mA


普段2000円台で販売されている同モデル。販売しているのは「転売屋」とみられますが、いくらなんでも足元を見過ぎではないでしょうか。


より容量が大きい「cheero Power Plus 3 13400mAh」に至っては、なんと新品が2万円、中古でも9900円……。

cheero Power Plus 3 13400mAh


ちなみに普段の価格は3000円台半ば。実に6倍近く膨れ上がっている計算になります。


なお、Buzzap!編集部で確認したところ、他のモデルも記事執筆中に次々と売り切れており、かろうじて在庫があるのは「Anker PowerCore 13000」のみ。しかし売り切れるのも時間の問題かもしれません。

Anker PowerCore 13000

・関連記事
通信量の心配ゼロ、格安スマホ・UQ mobileの節約モード(300kbps)でポケモンGOをプレイしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホでポケモンGOは動作するのか、スペック低めの「arrows M02」で試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ポケモンGOや夏コミのお供に、独断と偏見で選ぶおすすめモバイルバッテリーまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

最新機種も非対応、「ポケモンGOがプレイできない」とシャープのスマホ利用者が阿鼻叫喚 | BUZZAP!(バザップ!)

Androidのバージョンアップを怠るスマホメーカー、Googleがリスト化してランク付けへ | BUZZAP!(バザップ!)

実はほぼ皆無、ソフトバンクのAndroidスマホのOSアップデート状況を調べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

発売1年未満の国産スマホも大打撃、GoogleがAndroid 4.3以下のサポート終了 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加