ヘッドホン端子無しのiPhone 7にApple創業者が「多くのユーザーをイラつかせるだろう」と苦言

このエントリーをはてなブックマークに追加



最新のiPhone 7ではヘッドホン端子が無くなるのではないか……とまことしやかに囁かれる中、Appleの創業者が苦言を呈しました。詳細は以下から。

Appleの共同設立者として知られるスティーブ・ウォズニアック氏がオーストラリアのメディアに対して語ったところによると、ウォズ氏は自らの耳の形にフィットさせるべく、カスタムしたイヤーチップをイヤホンに導入するほど、音にこだわりがあるそうです。

しかしiPhone 7ではイヤホンジャックが廃止され、今までのイヤホンを使いたいのであれば別途ワイヤレスアダプタを用意する必要があると目されていますが、ウォズ氏はそのような運用方法について否定的な見解を表明。

具体的な理由として、Bluetoothではヘッドホンジャックにイヤホンを直挿しした時のような広帯域や高音質を実現できないことを挙げ、「3.5mmのイヤホンジャックが欠けていれば、多くのユーザーがイラつかせられるだろう」とコメントしています。

本体の薄型化や高い防水性能の実現につながるなど、メリットも決して少なくないヘッドホン端子の撤廃。今まで主要メーカーが誰も手を付けてこなかった領域にあえて踏み込むAppleですが、実現した場合、はたしてどれだけ受け入れられるのでしょうか。

Steve Wozniak: An iPhone without a headphone jack would 'tick off a lot of people' | VentureBeat | Dev | by Jordan Novet

このエントリーをはてなブックマークに追加