この発想はなかった!超絶狭いガレージに簡単に車を止められる発明がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加



面倒な車庫入れ、この発明が応用できればかなり楽になりそうです。詳細は以下から。

Vinod Kumarさんは車を持っていましたが、残念なことに自宅には十分な駐車スペースがありませんでした。それでも別の場所に駐車場を見つけるのではなく、なんとか自宅に置こうとある装置を自ら作り上げてしまいました。

それがこのキャリアカーの部品を使ったかのようなデッキです。このデッキは下部に付いた車輪がレール上を動くことによって横方向にスライド。バックで車を駐車した後に横から押し込むことで階段下の狭いスペースにぴったりと収まるようになっています。

動画は以下から。

SMART PARKING SOLUTION - YouTube


この動画では階段下のスペースにギリギリで車が収まるようになっており、設計技術の高さを伺うことができます。別の車に買い換えたら使えなくなりそうなのがちょっと難ありと言えるかもしれません。

実際にはここまでではなくとも、自宅の車庫入れで困っている人は少なくないはず。この発想を応用し、スライド式に自動車を収納できれば車をこする可能性も減りますし、デッドスペースを有効活用することにも繋がりそうです。

Man Comes Up With Clever Invention That Solves the Problem of Parking a Car in Very Tiny Garage

図解 運転テクニック―この通りにやれば必ず上達する
近田 茂 五條 瑠美子 川崎 純子
日本実業出版社
売り上げランキング: 5,206

・関連記事
59年製と09年製のシボレーを用いた、50年間の自動車の安全性の進歩がひと目で分かる動画 | BUZZAP!(バザップ!)

1台の車がどのように自然渋滞を起こすのか、発生のメカニズムがひと目で分かる動画 | BUZZAP!(バザップ!)

もう車庫入れで困らない、「ありとあらゆる方向」に移動できるタイヤが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

米テスラ車が自動運転で初の死亡事故、トレーラーを認識できずブレーキ跡もなし | BUZZAP!(バザップ!)

ドライバー不要の自動運転タクシー、2020年までに実用化へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加