ワイモバイルのAndroid One「S1」「S2」速攻レビュー、シャープに続き京セラ参入で防水・防塵・耐衝撃モデルも



ワイモバイルが2017年春モデルとして、1回以上Android OSのメジャーアップデートを確約するAndroid Oneスマホ「S1」「S2」を発表したのでレビューをお届けします。詳細は以下から。

◆S1(シャープ製)
5.0インチフルHD(1920×1080)IGZO液晶にSnapdragon 430、2GB RAM/16GB ROM、約1300万画素背面カメラ、約800万画素前面カメラ、2530mAhバッテリー、IEEE802.11 a/b/g/n対応無線LAN(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.1を備えたモデル。防水・防塵をサポートしています。





カラーバリエーションは4色



各種性能はこんな感じ。


実際に触ってみたところ。あまりヌルサク動作というわけではありませんが、悪くないレスポンスです。


◆S2(京セラ製)
5.0インチHD(1280×720)液晶にSnapdragon 425、2GB RAM/16GB ROM、約1300万画素背面カメラ、約200万画素前面カメラ、2300mAhバッテリー、IEEE802.11 a/b/g/n対応無線LAN(2.4GHz)、Bluetooth 4.2を備えたモデル。防水・防塵・耐衝撃に対応しています。






赤外線通信機能を備えています。


カラーバリエーションは3色。



各種性能はこんな感じ。


触ってみたところ。エントリー向けプロセッサを搭載しているため、レスポンスはまずまずといったところです。


なお、いずれのモデルも3日間のバッテリー駆動が売りの一つ。必ず1回、OSがメジャーアップデートされるだけでなく、毎月のセキュリティアップデートも提供される点が特徴です。

・関連記事
ワイモバイルの2017年春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「学割モンスターU18」やファミチキ無料のSUPER FRIDAY第2弾発表、毎日ポイント10倍も | BUZZAP!(バザップ!)

SoftBank Airの新端末「Airターミナル3」ひそかに提供開始、下り最大350Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

実は地雷多め、ソフトバンクの「長期継続特典」の内容を紐解いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがかなり微妙な「学割モンスター」提供へ、2017年学割商戦を大幅前倒し | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがガラケーからの機種変更が割安な「スマホデビュー割」提供、ずっと月額2800円に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」
  2. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクが続行も在庫が不安定に、「iPhone 12 mini」契約なしで値下げも
  3. 楽天モバイル「圏外になった」と報告多数、au回線提供終了でエリアが縮小し自宅や駅、会社、店舗、道路などで使えず全国規模の混乱に
  4. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ再び、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途にも
  5. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング