4×4 MIMOと256QAMで下り最大612Mbps、ワイモバイルの「Pocket WiFi 603HW」速攻レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



ワイモバイルが2017年春モデルとして、下り最大612Mbpsの超高速通信を実現するモバイルルーターを発表しました。詳細は以下から。

これが「Pocket WiFi 603HW」本体。2.5GHzのAXGPおよび3.5GHzのTD-LTE×2波の計3波をキャリアアグリゲーションで組み合わせ、さらに256QAMを採用したことで下り最大612Mbps、上り最大13Mbpsを実現。

FDD-LTEでの接続時は下り最大370Mbps、上り最大37.5Mbpsになるとされており、利用環境によっては規格上の上り速度よりも高速になる場合があるとされています。



バッテリー容量は2400mAhで駆動時間は約8.5時間。


接続端子はUSB Type-Cになりました。


USB 2.0の伝送速度がボトルネックになること、USB 3.0では電波状況に影響を与えるおそれがあることから、必要に応じて接続規格をUSB 2.0、3.0から選択可能。なお、クアルコムのQuickCharge 3.0による急速充電も利用できます。



カラーバリエーションは2色


スペック詳細はこんな感じ。


実際に触ってみたところ。

・関連記事
ワイモバイルの2017年春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「学割モンスターU18」やファミチキ無料のSUPER FRIDAY第2弾発表、毎日ポイント10倍も | BUZZAP!(バザップ!)

SoftBank Airの新端末「Airターミナル3」ひそかに提供開始、下り最大350Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

実は地雷多め、ソフトバンクの「長期継続特典」の内容を紐解いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがかなり微妙な「学割モンスター」提供へ、2017年学割商戦を大幅前倒し | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがガラケーからの機種変更が割安な「スマホデビュー割」提供、ずっと月額2800円に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加