まるでPreminiのような超小型ボディで大人気のLTEスマホ「Jelly/Jelly Pro」が日本でも発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホの大画面化にうんざりしている人に向け、超小型スマホが発売されることが明らかになりました。

Preminiやストラップフォンに心をときめかせた人にうってつけの1台です。詳細は以下から。

これがJelly本体。2.45インチ(432×240)液晶に1.1GHzクアッドコアプロセッサ、200万画素前面カメラ、800万画素背面カメラを備えたAndroid 7.0スマホです。


バッテリー容量は950mAh。解像度や処理能力が高くない分、バッテリー消費も少なくて済むようです。


カラーバリエーションはパールホワイト、スカイブルー、スペースブラックの3色


1GB RAM/8GB ROM搭載の「Jelly」、2GB RAM/16GB ROM搭載の「Jelly Pro」の2機種がラインナップされます。


IEEE802.11 a/b/g/n対応無線LAN(2.4GHz、5GHz)、Bluetooth 4.0、GPSに加えて加速度センサー、コンパス、ジャイロスコープも搭載。スマホに求められる基本性能はすべて押さえています。


背面カバーを外したところにnanoSIMカードスロット×2、microSDカードスロット


本体サイズは高さ92.3×幅43×奥行13.3mm、本体重量は60.4グラムになります。


「Jelly/Jelly Pro」の対応ネットワーク、周波数帯は以下。なんとドコモのプラチナバンドLTEまでサポートしています。

2G(GSM):Band 2/3/5/8
3G(W-CDMA):Band 1/2/5/8
4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
4G(TD-LTE):Band 40

ここまで作り込んだことが人気を呼び、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で目標額の30倍を超える92万ドルを集めたJellyシリーズですが、株式会社ドゥモアのプレスリリースによると、日本の技適マークを取得するとのこと。

なお、本体価格はJellyが79ドル、Jelly Proは95ドルで、2017年8月に発売される予定です。

Jelly, The Smallest 4G Smartphone by Unihertz ? Kickstarter

・関連記事
iモードやmova、FOMAからXiまで、NTTドコモの歴史を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その3【mova→FOMA編】 | BUZZAP!(バザップ!)

フリスクサイズの「ストラップフォン2 WX06A」速攻レビュー、可動式アンテナで電波感度向上やEメール対応も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 怒濤の高コスパ高性能スマホ「POCO X3 Pro」再び値下げ、たった2万円台で最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載
  2. 8000円台の超格安タブレット「Alldocube iPlay 8T」登場、人気の「iPlay 40」も大幅値下がりでSIMフリーモデル祭りに
  3. えげつなく安い高性能スマホ「POCO X3 Pro」や格安タブレット「Alldocube iPlay 40」値下げなどBanggood.comが「2021GWセール」開催、曲面モニターや格安PCもあります
  4. 【超格安スマホ】わずか1万円台前半の「POCO M3」レビュー、十分な性能に6000mAhバッテリー、3眼カメラ、オシャレなボディの使える1台
  5. 【追記あり】ソフトバンクが楽天モバイル提訴、基地局の使用差し止めや1000億円規模の損害賠償請求でエリア縮小のおそれも

モバイルに関連した楽天商品ランキング