超コンパクトルーター「Pocket WiFi 601ZT」レビュー、つい持ち歩きたくなるデザインに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ワイモバイルの2017年夏モデルとして発表された「Pocket WiFi 601ZT」のレビューをお届けします。

携帯各社の大容量プランに押されて需要が減少しつつあるモバイルルーターですが、生き残りのために選んだのは「持ち歩きたくなるコンパクトさとデザイン」というアプローチでした。詳細は以下から。

これが今回発表されたPocket WiFi 601ZT。手のひらサイズのコンパクトモデルです。


バッテリー容量は2200mAhで、省電力モードオフで8.5時間、オンで10時間駆動が可能に。




操作してみたところ。ホーム画面は本体カラーに合わせた文字色を採用しており、フォントのドット絵っぽさがなかなかいい感じです。


カラーバリエーションはグリーン、ホワイト、ピンクの3色。下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbpsで通信でき、対応ネットワークはFDD-LTEおよびAXGPのみとなっています。

・関連記事
ワイモバイルが2017年夏モデル発表、ストレートタイプのVoLTEガラケーも | BUZZAP!(バザップ!)

「不当に安い」とワイモバイルやUQ mobileが他のMVNOから非難、はたしてそれは正しいのか | BUZZAP!(バザップ!)

ついにワイモバイルがPHSの新規契約や機種変更を受付終了へ | BUZZAP!(バザップ!)

7GB使えて月額928円、格安SIMより安いワイモバイルの「アウトレットPocket WiFi」に潜む罠 | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルが持ち込みSIMフリースマホ向けの「故障安心パックライト」提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加