microSDXCカードやSSDの容量大幅増へ、ウェスタンデジタルが3D NANDで4ビットセルを実現



microSDXCカードやSSDなどの容量が大幅に増加することとなりそうです。詳細は以下から。

サンディスクを傘下に収めたHDDメーカー、ウェスタンデジタルのプレスリリースによると、同社は1セルあたり4ビットの記録容量を実現する「X4フラッシュメモリアーキテクチャ」の開発に成功したそうです。

現在のフラッシュメモリは1つのセルあたり3ビットを記録できますが、新たに4ビットの記録を実現することで、今までは1チップあたり512ギガビット(64ギガバイト)だったストレージ容量を768ギガビット(96ギガバイト)に引き上げることが可能に。

なお、今回開発された技術は最大64層の3D NANDで実現しましたが、将来的には96層の3D NANDにも実装する見通しのため、今後フラッシュメモリ製品の容量が大きく増加することになりそうです。

・関連記事
128GBが買い時、安価な大容量microSDXCカードをまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

サンディスクが8TB・16TBのSSD発売へ、GB単価もHDD並みに | BUZZAP!(バザップ!)

1GBあたりの単価が安い「最もお買い得なSSD」が2TBモデルに、1TB以上に割安感 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. 1万円台の超格安パソコン「BMAX MaxMini B1」値下げ、拡張性十分でポケットサイズのコンパクトボディに
  2. 超格安パソコン「GREEN G2」好評で値下げ再び、高性能CPUに16GBメモリ/512GB SSD採用で仕事でもプライベートでも大活躍
  3. 最強ポータブル電源「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」大きく値下げ、スマホ100回以上フル充電やドライヤーにも対応でバッテリー寿命は約6倍に
  4. 【速報】最新パソコン「GREEN G3」値下げで2万円台に、十分使えるCPUや8GBメモリ/256GB SSD搭載の超格安モデル
  5. 超格安の高性能パソコン「TRIGKEY Speed S」大幅値下げ、大人気の「GREEN G2」から性能2倍で価格は据え置き

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング