microSDXCカードやSSDの容量大幅増へ、ウェスタンデジタルが3D NANDで4ビットセルを実現



microSDXCカードやSSDなどの容量が大幅に増加することとなりそうです。詳細は以下から。

サンディスクを傘下に収めたHDDメーカー、ウェスタンデジタルのプレスリリースによると、同社は1セルあたり4ビットの記録容量を実現する「X4フラッシュメモリアーキテクチャ」の開発に成功したそうです。

現在のフラッシュメモリは1つのセルあたり3ビットを記録できますが、新たに4ビットの記録を実現することで、今までは1チップあたり512ギガビット(64ギガバイト)だったストレージ容量を768ギガビット(96ギガバイト)に引き上げることが可能に。

なお、今回開発された技術は最大64層の3D NANDで実現しましたが、将来的には96層の3D NANDにも実装する見通しのため、今後フラッシュメモリ製品の容量が大きく増加することになりそうです。

・関連記事
128GBが買い時、安価な大容量microSDXCカードをまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

サンディスクが8TB・16TBのSSD発売へ、GB単価もHDD並みに | BUZZAP!(バザップ!)

1GBあたりの単価が安い「最もお買い得なSSD」が2TBモデルに、1TB以上に割安感 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. Core i7搭載の超小型ハイエンドPC「NVISEN FU01」大幅値下げで過去最安を更新、格安なのにゲームも遊べてトリプル4Kにも対応の実用的な1台
  2. 8万円台でM2搭載の新型「Mac mini」、処理能力でMac Pro(66万円)を上回る事態に
  3. 【朗報】Intelの第14世代「Meteor Lake」高性能と低消費電力でノートパソコンのバッテリー駆動時間を大幅に改善か、エネルギー効率が50%以上アップし発熱問題も解決へ
  4. 格安すぎる高性能パソコン「NVISEN MU02」さらに値下げ、Core i7搭載でゲームも遊べる人気の1台
  5. 迷惑ゲーマーを殲滅するガジェット「クレイジースモール声デカすぎ注意報」登場、声が大きいと強制ミュートに

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング