iPhone 8、iPhone Xが高速通信を実現する「Band 42(3.5GHz帯)」に対応、各社のアドバンテージは?

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほど発表されたiPhone8およびiPhone Xが、3.5GHz帯をサポートしていることが明らかになりました。「いち早くサービス展開を始めていたドコモ大歓喜」となるのでしょうか。

※Appleが対応周波数を当初の発表と違うものへと変更したため、改稿しました。詳細は以下から。

◆高速通信を実現する「3.5GHz帯」をサポートしたiPhone XおよびiPhone 8
まず見てもらいたいのが、iPhone Xの日本向けモデル「モデルA1902」およびiPhone 8の日本向けモデル「モデルA1906」「モデルA1898」がサポートする通信方式及び周波数帯。今回新たに3.5GHz帯(バンド42)をサポートしています。

iPhone 8およびiPhone 8 Plus、iPhone Xの対応周波数帯。バンド42は各社とも40MHz幅(20MHz×2)が割り当てられたため、一気に通信速度を向上させることが可能です。


なお、Appleは発表当初、すべてのモデルの対応通信方式を以下のように表記していましたが、いつの間にか上記へと差し替えられています。


◆各社のiPhone 8やiPhone Xのアドバンテージは?
・NTTドコモ
まずNTTドコモの場合、他社に先行して整備してきた3.5GHz帯だけでなく、同社が今まで整備してきたすべての周波数帯をiPhone 8、iPhone Xで利用できるようになります。


これにより新型iPhoneが対応する最大通信速度(最大800Mbps)に近い、下り最大788Mbpsの高速通信を実現できる可能性があります。


・au
auは3.5GHz帯の整備こそ後手に回っているものの、3.5GHz帯より建物の中などに強い2.5GHz帯で運用され、さらに帯域幅もドコモの3.5GHz帯と同じ40MHz幅の「WiMAX 2+」がすでに全国展開を終えており、高速通信を利用できるエリアの広さで戦うことができるのがポイント。

さらに2014年以前に発売したLTE端末およびごく一部のWi-Fiスポットのバックボーン向けにしか利用していなかった1.5GHz帯のLTEが実質iPhone 7、iPhone 8、iPhone X専用となるため、都市部などで比較的余裕を持った通信を提供できるようになります。

なお、auは本日業界初となる4波キャリアアグリゲーション「4CC CA」をiPhone 8向けに提供することを発表。3.5GHz帯の4G LTEと2.5GHz帯のWiMAX 2+を組み合わせることで、下り最大558Mbpsを実現するとしています。


・ソフトバンク
ようやく今年3月末に1.5GHz帯での3Gサービスの提供を終え、LTEへ切り替える体制を整えたソフトバンク。iPhone 8、X登場でその姿勢は報われるものの、今さら積極的に整備するメリットがどれだけあるのかを測りかねるところ。

むしろ同社はカタログ上の最高速度を競うのではなく、最大128個のアンテナを使ってユーザー1人1人に専用の電波を届ける5Gの要素技術の1つ「Massive MIMO」を使うことで、混雑する場所や時間でも実効速度を引き上げるアプローチを試みており、新たに2.5GHz帯だけでなく、3.5GHz帯でもMassive MIMOを提供します。


2.5GHz帯が割り当てられなかったこともあって、3.5GHz帯の整備を急いでいた感のあるNTTドコモと、2.5GHz帯があるため、3.5GHz帯の整備をそこまで急いでいるようには見えなかったauやソフトバンク。

新型iPhoneの登場は、携帯各社のBand 42整備の呼び水となりうるのでしょうか。

・関連記事
新型iPhoneの価格判明、iPhone Xは11万2800円から&全機種64GB・256GBの2モデル展開に | BUZZAP!(バザップ!)

ジャーナリストの神尾寿氏、iPhone X発表にもかかわらず消息不明 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 8&iPhone X発表、Apple Watch 3も | BUZZAP!(バザップ!)

「過去10年に発売されたiPhoneの3分の2は現役で稼働中」という衝撃のデータが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

HuaweiとAppleがちんこ勝負、「Mate 10」をiPhone 8発売にぶつけることに | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPhoneとの関係は?ドコモが国内最速の下り788Mbpsサービス本日開始 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneに独自開発の有機EL採用か、Appleが研究開発拠点を設立へ | BUZZAP!(バザップ!)

「量産を保証できるレベルではない」有機EL搭載のiPhone 8、11~12月発売にずれ込みか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  2. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載

モバイルに関連した楽天商品ランキング