【実験】伝説の携帯「NOKIA 3310」を100万ボルトで充電するとどうなるのか?



昨年再発の決まった伝説の名機を100万ボルトで充電するという実験が話題になっています。詳細は以下から。

昨年再発が決まったことをBUZZAP!でもお伝えしたNOKIAの「Nokia 3310」。白黒液晶モニターというレトロさながら、極めて長い待ち受け時間と高い耐久性、そしてシンプルながら洗練されたデザインによって一時は世界で最も有名な携帯電話となった機種です。

そんな「Nokia 3310」を100万ボルトで充電してみようという動画が話題となっています。これまでも携帯電話やスマートフォンの脆弱性をスレッジハンマーやミキサー、50口径ライフル弾によってチェックする動画は日本のネットメディアでもしばしば取り上げられてきましたが、電撃はなかなかのものです。

ユーチューバーのKreosanさんは「Nokia 3310」と、対照実験として某10コアスマートフォンを使用。双方に手製の発電装置を使って100万ボルトの電流を流して充電を試みています。


いったい何が起こるかは以下の動画から。実験は0:30から開始します。

Charging NOKIA 3310 with one million volts! A 10-core Smartphone vs NOKIA! Who wins_ - YouTube


ということで「Nokia 3310」はスパークをほとばしらせながらも無事に着信し、実験後も問題なくスイッチを入れて使用することが可能でした。なお、対照実験のスマートフォンはタッチスクリーンが壊れたものの、それでも電源を入れることはできていました。



ということで、「Nokia 3310」はもちろんスマートフォンも単なる高電圧だけではそこまで簡単には壊れないことが判明しました。なお、この装置で何アンペア程度の電流が流れたのかは明らかにされていません。

なお、Kreosanさんは見ている方がハラハラする程実験を近くで見ていますが、これは非常に危険なので絶対に真似をしないようにしてください。

・関連記事
NOKIAが17年前に発売した伝説的機種「3310」を再発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

鴻海が世界規模の携帯電話メーカーに、マイクロソフトからNOKIAの携帯電話部門を買収 | BUZZAP!(バザップ!)

NOKIAがスマホ事業再参入へ、2016年にも新機種発売 | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフトがNOKIAの携帯電話事業などを買収、54.4億ユーロで | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  2. 8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  3. 【速報】「Redmi Note 11 Pro 5G」3万円台前半にいきなり値下げ、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ
  4. 8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  5. AppleがBOEに激怒、「iPhone 14」向け有機ELディスプレイ3000万枚の注文消滅か

モバイルに関連した楽天商品ランキング