中東、アジア、日本、アメリカ、1950年代にスクーターで世界を旅した2人の若者の記録

このエントリーをはてなブックマークに追加



ヒッピーたちの前に世界をスクーターにまたがって駆け抜けた若者たちがいました。詳細は以下から。

1952年にキューバ革命の英雄、チェ・ゲバラは友人と共におんぼろバイクにまたがり、12,000キロの南米大陸縦断旅行へと旅立ちました。同じ1950年代の半ば、Wim DusselとManfred Uscholdはサイドカー付きのMaicoのスクーターに乗ってユーラシア大陸を中東からアジア、さらにはアメリカ合衆国を駆け抜けました。

それはヒッピーたちがヨーロッパ各地から「マジックバス」を仕立て、カトマンドゥへと向かい始めるおよそ10年前の出来事です。

彼らはヨーロッパから中東、インドを経て東南アジア、東アジアに至り、日本にも足を踏み入れます。そしてアメリカ合衆国へ。今で言えば陸路メインでの世界一周旅行ということになりますが、およそ60年前の世界はどんな風景だったのでしょうか?



・ユーゴスラビア



・オーストリア


・トルコ




・イラン








・パキスタン



・インド













・タイ





・香港


・韓国


・日本













・アメリカ合衆国











なお、Wim Dusselのこの旅の写真のネガは10000枚にも及んでおり、その一部はこちらのコレクションから閲覧することができます。


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2005-05-27)
売り上げランキング: 40,254

・関連記事
完全にジブリの世界、旅客機が初めて実用化した1930年代の空の旅が素敵 | BUZZAP!(バザップ!)

ジョージ・ハリスンが1966年にインドを旅した時の貴重な自画撮り画像 | BUZZAP!(バザップ!)

世界中の旅人の「インスタ映え画像」のコラボ動画が最高に面白いことに | BUZZAP!(バザップ!)

象のぬいぐるみを無くした男の子に親は「世界旅行に出てる」と言った、フォトショ職人たちは旅の写真を作ってあげた | BUZZAP!(バザップ!)

「観光客」と「旅人」はどう違うのか、ひと目で分かるインフ
グラフィックス | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加