「iPhone 9」「iPhone XS」「iPhoneXS Plus」発売に合わせ、廉価版MacBookや新型iPad Proも投入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



秋冬商戦に向け、Appleが攻勢をかけるようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道調査会社「TrendForce」のレポートForbesの記事によると、Appleは9月に6.1インチ液晶搭載の「iPhone 9」、有機EL採用で5.8インチの「iPhone XS」、6.5インチの「iPhone XS Plus」などを発表する予定だそうです。


また、新しいiPhone投入と時期を前後して、出力18Wの新型充電アダプタを採用した狭額縁・極薄ボディの11インチおよび12.9インチ新型iPad Proも発売予定。残念ながら新型iPad miniは登場しません。

そして今年春に発売された廉価版iPadに続き、14nmのKaby Lakeアーキテクチャを採用した廉価版MacBookも発売されるとのことで、気になる価格は1200ドル(約13万円)とされています。

なお、新型iPhoneのうち、最も手ごろなモデルはiPhone 9になる予定。液晶を使った普及価格帯モデル、有機ELを使ったプレミアムモデルという構成はiPhone 8/Xと変わらないものの、より有機ELに重きを置いたラインナップとなるようです。

・関連記事
ついにLightning撤廃か、Appleが新型iPhoneやiPadにUSB Type-C採用へ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneやAndroidの「充電器バラバラ」をEUが問題視、「共通充電器」登場か | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPhoneの有機ELパネルをLGが納入へ、Huaweiは中国製採用で日本勢が"置いてきぼり"に | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone SE2」開発中止、代わりに超大画面6.5インチの「iPhone X Plus」登場か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加