【動画】巨大な蜘蛛が道路を這い回る映像が激写される

このエントリーをはてなブックマークに追加



蜘蛛嫌いな人は閲覧注意です。詳細は以下から。

益虫として人間と共存してきた歴史もありながら、その姿から苦手とする人も少なくない蜘蛛。巨大な蜘蛛と聞いただけで無理という人もいそうですが、膝丈ほどもありそうな巨大な蜘蛛が道路を這い回っている映像が撮影されました。

この映像が撮影されたのはアメリカ合衆国テキサス州のフルシアーに向かう街道。警察官がパトカーから降りて職務質問をしている際の出来事でした。


警官も前の自動車の運転手もまったくこの巨大蜘蛛に気付いてないようですが、それもそのはず。実際にはパトカーの車載カメラのレンズの目の前を蜘蛛が横切り、あたかも巨大な蜘蛛が道路を這っているような錯覚を見せたということです。

なお、本当に存在する世界最大の蜘蛛はルブロンオオツチグモ(ゴライアスバードイーター)というタランチュラの仲間で、足を広げると最大30cm近くにもなるとのことです。

下記動画はもちろん「蜘蛛注意」ですので嫌いな方は再生されませんように。


・関連記事
動けない…!蜘蛛に正面から睨みつけられる写真が説明できない恐怖を煽る | BUZZAP!(バザップ!)

「6本の蛇の足を持つ蜘蛛型ロボット」という黙示録的な怪物が誕生 | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】これは特撮ではない、フロリダのゴルフコースを超巨大なワニが悠然と歩き去る | BUZZAP!(バザップ!)

おそロシアのハンターが仕留めた体重500kgの猪がどう見ても乙事主でした | BUZZAP!(バザップ!)

名状し難き体長15mの謎の巨大生物がインドネシアの浜辺に打上げられる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加