ワイモバイルもiPhone 7発売へ



UQ mobileとほぼ同時に、ワイモバイルも発売を表明しました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2018年12月20日からiPhone 7を販売開始する予定だそうです。

本体容量は32GBと128GBの2種類で、MNP・新規契約の場合機種代金は月額1404円(プランM/L加入時)から。


機種変更の場合は1944円からになります。


なお、iPhone 7はシリーズ初となるFelica対応モデル。おサイフケータイ感覚でSuicaを使えるようになります。


さらにホームボタンを従来のメカニカル式からタッチセンサーに切り替えたことで、シリーズ初となる防水性能(IP67、規定の圧力・時間で水中に浸しても有害な影響を受けない)を実現。



スピーカーがステレオになり音量2倍、ディスプレイが25%明るくなって広色域に対応するなど、iPhone 6sとハードウェア面で大きく異なるのが特徴です。

・関連記事
ソフトバンクが2019年版「学割放題」「ワイモバ学割」提供へ、どちらも大容量プランが割安に | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルが2018年冬モデル発表、初のハイエンドスマホ「Android One X5」投入も | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク・ワイモバイルが人員4割削減で料金値下げへ、分離プラン導入で端末は高額に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】auが「iPhone 12 mini(128GBモデル)1円」「回線契約なしで割引」で他社を圧倒、ドコモに落とし穴も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」うれしい値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 GT」ほぼ3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホが大容量モデルも割安に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台前半で格安スマホの決定版に
  5. Pixel 6を充電できない問題、不具合でなく低品質な充電器やケーブルが原因だった

モバイルに関連した楽天商品ランキング