ワイモバイルが2018年冬モデル発表、初のハイエンドスマホ「Android One X5」投入も

このエントリーをはてなブックマークに追加



ワイモバイルが2018年冬モデルとして、初のハイエンドスマホを投入することになりました。詳細は以下から。

◆Android One X5
これが2018年12月13日発売の「Android One X5(LG製)」。最大輝度1000nitの約6.1インチQHD+(3120×1440)液晶にSnapdragon 835、4GB RAM/32GB ROM、1600万画素背面/800万画素前面カメラ、3000mAhバッテリーを備えたAndroid 9.0スマホ。


IPX5、IPX8/IP6Xの防水防塵性能に加え、耐衝撃性能も兼ね備えたほか、どんなイヤホンを使用していてもクリアな音質を実現する「Hi-Fi Quad-DAC」を搭載するなど、ドコモやauの「LG(isai) V30+」からデュアルカメラや大容量ROMをオミットした仕様に。

「Google アシスタント」や「Google レンズ」が簡単に利用できる「Googleアシスタントボタン」を備えたほか、フレーム内の被写体を分析する「AIカメラ」によって視野角や色、照明、彩度などを最適化し、被写体に合わせた撮影が可能になります。

カラーバリエーションはニューモロッカンブルーとミスティックホワイトの2色。


◆Android One S5
12月下旬発売予定の「Android One S5(シャープ製)」。約5.5インチフルHD+(2160×1080)IGZO液晶やSnapdragon 450/3GB RAM/32GB ROM、1200万画素背面/800万画素前面カメラ、2700mAhバッテリーを備えたAndroid 9.0スマホ。


Android One X5同様、IPX5、IPX8/IP6Xの防水防塵および耐衝撃性能を備えた1台で、ワイモバイル版だけでなくソフトバンク版も発売されます。

カラーバリエーションはクールシルバー、ダークブルー、ローズピンクの3色。


「サブブランドの高速な回線で高性能なスマホを使いたい」というニーズに初めて応える形となったAndroid One X5。

発売を記念して2019年3月31日までに購入し、専用サイトで申し込むとGoogle Play ポイント3000円分をプレゼントするキャンペーンが実施されます。

・関連記事
ソフトバンクが2019年版「学割放題」「ワイモバ学割」提供へ、どちらも大容量プランが割安に | BUZZAP!(バザップ!)

【提案】UQ mobileやワイモバイルはそろそろハイエンドスマホを扱うべきでないか | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク・ワイモバイルが人員4割削減で料金値下げへ、分離プラン導入で端末は高額に | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイル初の「かんたんスマホ」速攻レビュー、押すだけサポートや国内通話完全定額で60代以上も安心の格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

DDIポケットやウィルコムのプラン・端末までカバー、PHS終了にあたってワイモバイルがまとめたページが永久保存したいクオリティ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加