五十嵐大介「海獣の子供」アニメ映画予告編が解禁、公開は6月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加



映像化が困難と言われてきた五十嵐大介の長編マンガがアニメ映画化。予告編が公開されました。詳細は以下から。

圧倒的な画力による緻密な描写と独特な世界観、哲学的な物語展開などでデビュー時から熱狂的なファンを持つ漫画家、五十嵐大介。

かつて自身が農家を営み自給自足の生活をしていた時期の実体験を元にした「リトル・フォレスト」が森淳一監督・橋本愛主演で映画化されたことがありますが、アニメ映画化は今作が初となります。

海獣の子供」は、五十嵐大介の同名作品を原作とする海洋ファンタジー。芦田愛菜が主人公の琉花を演じ、石橋陽彩、窪塚愛流、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、富司純子らが出演することが既に発表されていました。


「海で起きるほとんどの事は、誰にも気づかれない」という意味深なコピーと共に始まる予告編は、主人公の少女・琉花とジュゴンに育てられたふたりの少年「海」と「空」の出会いを巡るシーンから、圧倒的な映像美で表現されるザトウクジラや海のシーンに。


制作は映画「鉄コン筋クリート」で知られるSTUDIO4℃。映像の美しさはもちろん、神秘性と哲学性が入り交じるストーリーをどのような物語として表現するかなど、非常に期待が高まるところ。

また音楽は久石譲が担当しており、

この映画の面白さは、ストーリーとして予測出来ないところにあります。哲学的であるとも言えます。
全編を通してミニマル・ミュージックのスタイルを貫いたので、映画音楽としてはかなりチャレンジをしたと思います。
宇宙の記憶の息遣い、生命の躍動感など観る人のイマジネーションを駆り立てる作品です。
音楽と映像によって観る人の感覚が開放されて楽しめることを期待します。

久石 譲

NEWS|アニメーション映画「海獣の子供」公式サイトより引用)

という極めて楽しみなコメントを出しています。

なお、映画の公開は2019年6月7日となっています。

・関連記事
【追記あり】「海獣の子供」の五十嵐大介が初の絵本「人魚のうたがきこえる」を5月中旬発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

藤崎竜の「封神演義」が18年ぶりに「外伝」で復活!!「少年ジャンプ+」ではPC・スマホからも閲覧可能 | BUZZAP!(バザップ!)

森見登美彦の「ペンギン・ハイウェイ」アニメ映画が8月17日公開、宇多田ヒカルが主題歌を書き下ろし | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加