お手ごろスマホ「Galaxy A30」速攻レビュー、大画面有機ELや高画質カメラにかんたんモードなど初心者も納得の1台に

このエントリーをはてなブックマークに追加



初心者も安心して使える「かんたんモード」に見やすくきれいな大画面有機EL、そして景色を美しく残せる高画質カメラなど、要点をバッチリ押さえたお手ごろ価格のスマホがauの2019年夏モデルとして発表されたのでレビューをお届けします。詳細は以下から。

「Galaxy A30」本体。6.4インチフルHD+(2340×1080)有機ELにExynos 7904、4GB ROM/64GB RAM、3900mAhバッテリーなどを備えたお手ごろスマホ。


Galaxy S10(右)と並べてみるとこんな感じ。画面の大きさは折り紙付きで、「最近小さい文字が読みづらい」というユーザーにもオススメです。


シーン判別機能で自動的に最適な色合いに補正してくれる背面デュアルカメラも備えています。


ヘッドホン向けに立体音響技術「ドルビーアトモス」も採用。発色のいい大画面有機ELにデュアルカメラ、高音質化機能を兼ね備えたお買い得な1台です。


触ってみたところ。国内向けスマホとしては珍しいSamsung独自開発の「Exynos 7904」を採用していますが、特に問題なく動いてくれます。


側面などはこんな感じ。





カラーバリエーションは4色です。


・Galaxy A30(Samsung製)
ディスプレイ:6.4インチフルHD+(2340×1080)有機EL
プロセッサ:Exynos 7904
RAM、ROM:4GB ROM/64GB RAM
バッテリー:3900mAh
背面カメラ:1300万画素+500万画素
前面カメラ:800万画素

・関連記事
auの2019年夏モデル発表会まとめ、「TORQUE G04」やオリジナルの「Huawei P30 lite Premium」も | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが5Gを2019年開始へ、分離プラン普及で通信収入減収も他領域でカバー | BUZZAP!(バザップ!)

5Gの周波数はドコモとKDDIへ重点的に割り当て、ソフトバンクと楽天は「条件付き」で各社に温度差も | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIとソフトバンク、楽天が5G基地局共用でドコモに対抗、電柱などのインフラを活用へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加