「ファーウェイへのARM出荷停止に関与していない」ソフトバンク孫会長が取引再開に意欲

このエントリーをはてなブックマークに追加



Huaweiのスマホ事業を左右するARMによる出荷停止について、興味深い動きが見られました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、ソフトバンクの孫会長が台北で開催されたフォーラムにおいて、「(Huaweiへの出荷を停止した)ARMの決定には関与していない」とコメントしたそうです。

これはソフトバンク傘下のARMの日常的な取引について、基本的に孫会長は関与していないため。アメリカが表明している「25%以上アメリカの知財を含む製品の出荷禁止」という規則には従うとコメントしています。

また、Huaweiへの出荷を中止した背景には、どの製品が「25%」の範囲に入るのかを確認する必要があったとのこと。

25%未満の製品なら引き続き出荷できるほか、「ARMはHuaweiとの関係を継続したいと考えている」と述べています。

・関連記事
「ファーウェイの特許はいくら侵害してもOK」アメリカでとんでもない法案が提出される | BUZZAP!(バザップ!)

Androidより60%高速なファーウェイ独自の「HongMeng(ホンメン)OS」にテンセントやXiaomiら参加、オール中国で普及に追い風 | BUZZAP!(バザップ!)

中国が5Gに20兆円規模を投資しファーウェイなど支援、なお日本はドコモすら5年で1兆円 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】ファーウェイが「MateBook」新機種開発打ち切り、CPUやOS調達困難で日本メーカーにも影響か | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイのAndroid排除は逆に安全保障上のリスク」Googleがアメリカ政府に禁輸免除を訴える | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加