【北欧通信 Vol.14】川がそのまま温泉!アイスランドのレイキャダルールが天国過ぎました【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加



沸き立つ源泉地帯を抜けるとそこは温泉でした。

川が暖かい温泉で、そこにゆっくり浸かることができる。温泉好きからしたら天国でしかない最高のロケーションですが、それが楽しめてしまうのがアイスランド南部の街、セールフォスから17kmのところにあるレイキャダルールです。


前編では駐車場から沸騰したお湯が沸き返る源泉地帯までの3km(登りなのでもうちょっと長く感じられますが…)のトレッキングの様子をお伝えしました。




アイスランドならではの息を呑むような絶景の連続に、思わず足を止めてしまいます。



このような源泉地帯を抜けると、いよいよ温泉に到着です。



歩き始めてから1時間、ウッドデッキが汲まれた温泉が見えてきました。


川に入ってくつろいでいる人たちがいます。着替えもめっちゃフリーダム。


とはいえなんとなく目隠しになる着替えゾーンもあります。できれば登り始める時に洋服の下に水着を仕込んでおくのがいいでしょう。湯上がりに着替える時には小学校でやったように、大きめの布を身体に撒いて着替えるのがスムーズです。


温泉からの景色はこんな感じです。もうなんというか、想像の上を行く天国度となっています。


ところどころに石が組まれていて、そこで友人や恋人、家族と一緒にくつろいでいる人が多いですね。


とはいえ基本的にフリーダム。どこでお湯に浸かっていても誰も気にしません。


ちょっと上流の方に歩いてみました。ウッドデッキも脱衣所も複数あり、清潔に保たれています。貴重品は目に付くところに置いておいた方がよいかもしれませんが、みんなそこまで気にしていない様子でした。


ここが天国でないならどこが天国なのでしょうか、というレベルです。足湯だけの人もいましたが、可能な限り全身浸かりたいところ。とはいえ天候や季節に寄るところもあるので、無理はしないように。


温泉を楽しむ人たちの横でピクニックをしている人たちも。


しばし現場の様子をご覧下さい。




当然ながらBUZZAP!取材班もしっかり温泉を満喫しています。アイスランドは夏でも気温が低く、天気が悪いことが多いのですが、幸運にもこの日は驚くほど綺麗に晴れ渡って暖かく、温泉を楽しむことができました。


全身温まった帰り道、源泉地帯で羊の群れを見かけました。



さすがに温泉に入っている様子はありませんでしたが、心なしかリラックスしているようにも見えました。


帰りは同じ道ながら、行きとはまた見える風景がちょっと違います。



観光地をただ見るだけではなかなか自然の奥深くまで分け入ることはできません。せっかくですから雄大な景色を眺めながら、じっくりアイスランドの大地を踏みしめて歩いてみてはいかがでしょうか。



次回はいよいよアイスランド観光のメッカ、ゴールデンサークルと呼ばれるエリアに突入します。

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust
Sigur Ros
EMI Europe Generic (2008-06-11)
売り上げランキング: 52,167

・関連記事
【北欧通信 Vol.13】川がそのまま温泉!アイスランドのレイキャダルールまでトレッキングしてきました【前編】 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.12】アイスランドの誇る裏見の滝、セリャラントスフォスの滝をぐるりと回り込んでみました | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.11】落差60m級の瀑布に圧倒されるアイスランド、スコゥガフォスの滝 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.10】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖とダイヤモンドビーチ【後編】 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.9】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖へ【前編】 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.8】世界最大の露天温泉、アイスランドのブルーラグーンを訪れました | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.7】アイスランドの自由で格安な歩き方、到着・出発編 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.6】アイスランドの自由で格安な歩き方、事前準備編 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.5】世界にひとつだけの「ムーミン美術館」へ、フィンランド中部の都市タンペレを訪れました | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.4】フィンランドの伝統的な「スモークサウナ」をヘルシンキ郊外で体験してきました | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信Vol.3】フィンランド独特のセンスが爆発、ヘルシンキ現代美術館(Kiasma)に行ってみました | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信Vol.2】フィンランド・ヘルシンキで飲み食いするならここ!「マーケット広場」を訪れてみました | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信Vol.1】フィンランド・ヘルシンキの街並みを歩いてみました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に関連した楽天商品ランキング