ドコモとauに5G免許付与、ドコモは9月にプレサービス開始へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



5Gサービス開始に向け、いよいよ体制が整いつつあります。詳細は以下から。

NTTドコモおよびKDDIのプレスリリースによると、両社に対し5G用基地局の商用免許が付与されたそうです。

ドコモは3.7GHz帯・4.5GHz帯・28GHz帯において、2019年9月20日(金)開始予定の5Gプレサービスに向けて無線局の準備を進めていくとのこと。

ドコモの5G基地局設置場所一覧。「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」会場(札幌ドーム、東京スタジアム、横浜国際総合競技場、小笠山総合運動公園エコパスタジアム、豊田スタジアム、東大阪市花園ラグビー場、神戸市御崎公園球技場、大分スポーツ公園総合競技場)が含まれています。


KDDIの5G基地局設置場所一覧。埼玉県で3.7GHz帯、広島県および福岡県で28GHz帯の基地局を整備します。

・関連記事
【追記あり】KDDIとソフトバンクが5G基地局相互利用、共同施工で地方のネットワーク早期整備へ | BUZZAP!(バザップ!)

「3万円以下の格安5Gスマホ」中国で開発中、なお現行価格は12~16万円 | BUZZAP!(バザップ!)

5G基地局に全国20万基の信号機を開放へ、弱点の「カバーエリアの狭さ」克服なるか | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイ排除で5G整備コストが6兆7000億円以上増加、ネットワーク敷設も1年半遅れて「中国一人勝ち」のおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加