コミケ96にもWiMAX 2+の仮設基地局配備へ、南展示棟・青海展示棟ももちろんカバー

このエントリーをはてなブックマークに追加



コミケ待機列の強い味方、WiMAX 2+仮設基地局が今年も出動します。詳細は以下から。

UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は2019年8月9日(金)~12日(月)に東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット96」において、WiMAX 2+の仮設基地局を期間限定で設置するそうです。

東京ビッグサイト内および周辺は基本的にWiMAX 2+エリアですが、仮設基地局は特に混み合う待機列に向けて設置することで、快適な通信環境を提供するためのもの。稼働時間は6:00~17:00で、時間外は停波します。

また、今回開催場所に一部変更がありますが、もちろん「青海展示棟」「南展示棟」もカバー。


出動するのは2017年にデビューした車載基地局を搭載型車両。WiMAX 2+無線機のほか、アンテナ、バッテリーなどを搭載し、単独で基地局として機能するほか、高いアンテナにより広いエリアをカバーできます。


WiMAX 2+ルーターはもちろん、auやUQ mobileなどの回線も恩恵を受けるWiMAX 2+仮設基地局。まさに縁の下の力持ちです。

・関連記事
WiMAX 2+の「ピンポイントエリア判定機能」が精度向上、地図を使った検索や階数指定などをスマホで試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

UQがWiMAX 2+に5G要素技術「Massive MIMO」導入済み、混雑時でも快適通信可能で大型スタジアム整備も | BUZZAP!(バザップ!)

無料なのに下り最大1237Mbps、「Try WiMAX」にSpeed Wi-Fi NEXT W06が追加 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加