世界初の「1億画素カメラ」スマホをXiaomiが発売へ、6400万画素モデルも



スマホカメラの画素数が冗談のような数字になってきました。詳細は以下から。

Xiaomiの公式SNSアカウントによると、同社は新たに6400万画素カメラを採用した「Redmi」シリーズを投入するそうです。

搭載されるのは1/1.7インチの6400万画素センサー。4800万画素センサーなどよりも大型化しています。


9248×6936の超高精細写真を生成できてしまいます。


かなり大きい紙にプリントしても精細さを保つことができます。


しかし新型センサーの強みはなんと言っても暗所撮影能力。センサーはSamsungの「ISOCELL Bright GW1」で、ソニーのクアッドベイヤー技術のように4つの画素を1つにまとめて1.6μメートルの大型ピクセルとして扱うことで、暗い場所でも明るく高精細に撮影できるわけです。


さらにXiaomiは1億800万画素のカメラを採用したスマホも発売予定。12032×9024の超高精細写真を撮ることができます。


こちらもSamsungがセンサーを担当。夜景を超高精細に撮れるスマホが近いうちにお披露目されることとなりそうです。

・関連記事
格安スマホ界に激震を与えた「Xiaomi Mi9」またしても3万円台に、マルチキャリア対応の「OnePlus 7」も割安に | BUZZAP!(バザップ!)

世界最高のスマホ向け6400万画素センサー「ISOCELL Bright GW1」登場、人間の目に近いダイナミックレンジを実現 | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ期待の新星「UMIDIGI X」8月26日発売、2万円台で4800万画素トリプルカメラや有機ELディスプレイ搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング