世界初の「1億画素カメラ」スマホをXiaomiが発売へ、6400万画素モデルも



スマホカメラの画素数が冗談のような数字になってきました。詳細は以下から。

Xiaomiの公式SNSアカウントによると、同社は新たに6400万画素カメラを採用した「Redmi」シリーズを投入するそうです。

搭載されるのは1/1.7インチの6400万画素センサー。4800万画素センサーなどよりも大型化しています。


9248×6936の超高精細写真を生成できてしまいます。


かなり大きい紙にプリントしても精細さを保つことができます。


しかし新型センサーの強みはなんと言っても暗所撮影能力。センサーはSamsungの「ISOCELL Bright GW1」で、ソニーのクアッドベイヤー技術のように4つの画素を1つにまとめて1.6μメートルの大型ピクセルとして扱うことで、暗い場所でも明るく高精細に撮影できるわけです。


さらにXiaomiは1億800万画素のカメラを採用したスマホも発売予定。12032×9024の超高精細写真を撮ることができます。


こちらもSamsungがセンサーを担当。夜景を超高精細に撮れるスマホが近いうちにお披露目されることとなりそうです。

・関連記事
格安スマホ界に激震を与えた「Xiaomi Mi9」またしても3万円台に、マルチキャリア対応の「OnePlus 7」も割安に | BUZZAP!(バザップ!)

世界最高のスマホ向け6400万画素センサー「ISOCELL Bright GW1」登場、人間の目に近いダイナミックレンジを実現 | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ期待の新星「UMIDIGI X」8月26日発売、2万円台で4800万画素トリプルカメラや有機ELディスプレイ搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクのバトル継続中、本体のみ購入でも割引で128GBモデルも格安に
  2. 【速報】ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も
  3. KDDI(au)が「新サービス発表会」開催、基本料0円の新プラン「povo 2.0」に加え、鉄道や繁華街での5Gエリア拡大、高速衛星ブロードバンドも
  4. 【速報】iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に
  5. 【速報】iPhone 13の5Gも「ミリ波(mmWave)」非対応でSub-6のみに、アメリカと中国の5G主導権争いに終止符か

モバイルに関連した楽天商品ランキング